Image: Ripley’s Believe It or Not!

66年間、反抗期が続いていました。

インドのブネーに住む82歳のShridhar Chillalさん。彼は左手66年間伸ばしっぱなしにし、世界で一番長を持つ人間として知られていました。

……が、このたび遂にそのを切ったことでニュースになっています。

彼はSky Newsに対し、「悪友と遊んでいたとき、誤って先生を割ってしまったんだ」と話しました。そして先生から、「あなたが想像も出来ないくらい、長いを手入れするのは大変なのよ」と言われ、「そんなことはないだろう、オレが違うことを明してやる」という反抗心から、14歳を伸ばし始めたのがきっかけだとりました。

もう先生が行きているか死んでいるかは知りませんが、私を叱ったことのがきっかけだと言いたいですね。私はあれを挑戦だと受け取ったんですよ。そして今、それが了したんです

彼は結果として、「世界最長のを持つ男」としてギネス世界記録保持者になりました。一番長約197cmで、5本すべ てを繋げると約9.08mになるのです。

ちょっとした反抗心は、その後の彼の暮らしを過酷にしていきました。の重さ左手が使用できない状態になるだけでなく、彼は就寝中、30分毎に起きて割れないようゆっくりベッドの反対側に寝返りさせる必要があったのです。

そして82歳でやっと、限界を感じ世界最長のを切る決心し、世界中の奇妙なものを扱う「Ripley’s Believe It or Not!博物館に連絡。切ったは売るつもりもなく、想い出としてに持っておきたいと考えていたようですが……最終的には売却し、今では博物館展示されるようになりました。

Image: Ripley’s Believe It or Not!

いくらで売れたのか数字は明かされませんが、老後を々自適に暮らすのには充分すぎるが支払われたとのこと。66年間の苦行と余生を遊べるお金……皆さんだったらどちらを選びますか? 究極の選択ですね。

ギネス世界記録2018 GUINNESS WORLD RECORDS 2018

3,300


Image: Ripley’s Believe It or Not!
Source: Ripley’s Believe It or Not! , Sky News, YouTube

Jennings Brown - Gizmodo US[原文
岡本玄介