本日は“13日の金曜日”。本格的なが訪れ猛暑が続くが、そんな時こそにこもって背筋の凍るようなホラー映画を観るというのも、また一明日からの三連休も全各地で30えが続きそうということで、この週末にうってつけな、Netflixで配信中のホラー作品を紹介しよう!

【写真を見る】あなたは耐えられるか?身の毛もよだつホラー作品8選『ババドック ~暗闇の魔物~』

幽霊モンスターより怖いのは“に・ん・げ・ん”!

ホラーと一口で言っても様々なジャンルがあるが、何よりも観る者をゾッとさせるのが、「自分にも起こり得るかも」と思わせる“人間の怖さ”を描いた作品。映画化もされたスティーヴン・キング原作Netflixオリジナルドラマ化した「ザ・ミスト」はまさに、それを突きつけるような衝撃作だ。舞台は、町全体を覆うが発生した田舎町。しかも、の中には正体不明の生物が潜んでおり…という一見モンスタームービーのようだが、頂は、この事態に追い詰められて静を失っていく人々の姿。窮地に追い詰められて化けの皮がはがれた時の人間の醜さと恐ろしさと言ったら…。

また、傑作ホラースクリーム』(96)のその後を描いた、こちらもNetflixオリジナルドラマシリーズスクリーム」も人間の狂気をんだ作品。ネットのいじめを発端とした殺人が起こった高校を中心に、事件が不自然に連続していく…。映画版が持つコメディ的な一面は極排除しており、突然現れるマスク殺人鬼の残虐性もパワーアップ犯人なのか全く見当がつかない本作、観ると人間が信じられなくなるかも?

■ 背筋も凍る“怪奇現"の数々にゾクゾクッ!

一方、そんな人間の恐ろしさと対極にあるのが、“ワケのわからないもの”が生み出す恐怖。世界収3億ドル越えの、オカルトホラーとして異例の大ヒットを記録した『死霊館』(13)は、実在心霊研究夫婦主人公が体験した実話映像化したという、触れ込みだけですでにゾッとしてしまう1本。ある田舎の古いに引っ越してきた一家に、奇妙な現が次々と発生し…という話自体はオーソドックスなもの。『ソウシリーズジェームズワン監督が手がけており、間的な怖さとジワーッと徐々に押し寄せるような恐怖を織り交ぜた質の高い演出が、観るものを恐怖のドン底へと突き落とす。

得体のしれないの絵本が、ある庭にもたらす恐怖を描いた『ババドック ~暗闇の魔物~』(14)もオススメの作品。絵本に描かれた怪人ババドックの不安をもよおすビジュアルや、ババドックによってもたらされる怪奇現の数々、それによって徐々に疲弊し狂いだしていく親子…と幾重にもイヤ~な感じがり巡らされており、綿で首を絞められるように、ジリジリとそして確実に観るものを戦慄させる。

ホラー映画には“ホットな美女”が付きもの!

ホラー映画で欠かせないのが、恐怖描写と同時に、作品を美女たちだ。突然地震によりに生じた裂から現れた暴なピラニアたちが大虐殺を繰り広げる『ピラニア』(10)は、観光シーズンが舞台ということもあり、シズル感満載の美女たちがこれでもかと登場。水着トップレス姿の涼しげな女性たちが、残にも次々とピラニアたちに喰いちぎられていく描写は、手加減なしのグロさなので、くれぐれもご注意を!

また美女といえば、ホラー映画ではっ先に殺されるのが“あるある”なのだが、その則を破り、殺す側に回っているのがマックG監督の『ザ・ベビーシッター』(17)だ。冴えない少年が、自分のベビーシッターが悪魔崇拝集団の一員であることを知ってしまったために、命の危機にさらされる姿が描かれる。マックGといえば、『チャーリーズ・エンジェルシリーズなど、美女を撮らせたら右に出る者はいないが、本作でもその手腕が炸裂しており、デカいトラックを乗り回したり、ノリノリダンスを踊ったり、ベビーシッターがとにかくホット!主人公は、秘密を知るまで彼女に淡い心を抱いているのだが、その気持ちもわかるほど魅的なのだ。

■ もはや、怖くない…!?“一変わった”ホラー

最後に変わり種のホラー作品をご紹介。『リトルデビル(17)は、再婚相手の女性の連れ子であるクスリとも笑わない少年が、どうやら不気味を持っているやもしれず…というどこか『オーメン』(06)を彷彿させるホラーに見せかけたコメディ映画。前半と後半で大きくテイストが変わるところが見どころだが、果たして少年の正体は…?

また『呪われしに咲く一輪』(16)も、何とも不思議な作品だ。あらすじは、怖がりの女性が、あるホラー作家に住み込みで働くことになるが、そのには秘密があり…という幽霊屋敷モノのお決まりのような本作。しかし、本作の幽霊は他人を攻撃するような悪意を持ったものではない。幽霊が生み出す恐怖を描くのではなく、なぜ幽霊がこのに居続けるのかを少しずつひも解いていく、どこかアート性を帯びた、ユニークホラーだ。

この他にも王道からイロモノまで、様々なホラー映画を配信しているNetflix。背筋も凍るような作品をチェックして、暑いをヒンヤリ涼しく過ごしてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

「スクリーム」は映画シリーズより怖さ&残虐度がパワーアップ!