波乱の映画人生った『有馬稲子 わが愛と残酷の映画史』筑摩書房)が出版された。映画評論家樋口尚文氏のインタビューに応える形で、自身も筆を執った。

 今年4月で86歳。宝塚歌劇団を経て、1951年、『塚夫人』で映画デビュー日本映画黄金期である50年代に小二郎内田吐夢、今井正、小林正樹巨匠監督タッグを組んだ。出演作は70本以上にも上る。

映画時代にいろんなに遭いましたからね。そのことをいっぺん書きたいと思っていました」

 一番厳しかったのは『の鼓』(58)の今井監督

「『待って』というセリフがあったんですが、全然オーケーが出なくて、1週間カメラを止めてしまいました。100回くらいやった後に、『3つ前のがよかった』とか言うんです。こっちはパニクっていて、覚えていない。3日か4日にはホテルから飛び降りようかと思うくらい追い込まれました」

 私生活では屋錦之介、実業と二度結婚したが、子供はいない。本では結婚生活のほか、20代に経験した17歳年上の映画監督との不倫、堕胎についても告白している。

「7、8年ほど関係は続きましたが、あれは失敗でした。私、子供が欲しかったんです。年を取るにつれ、だんだんが立ってきました。今でも許せません」

 本の刊行を記念して、特集上映「女優 有馬稲子」が7月7日から20日まで東京シネマヴェーラ渋谷で開催される。

INFORMATION

特集上映「女優 有馬稲子スケジュール
http://www.cinemavera.com/schedule.php?id=208

(「週刊文春」編集部)

有馬稲子さん