準決勝、延長後半終了前を捉えた画像に反ピックフォードのなんて大会だ」

 サッカーワールドカップW杯ロシア大会で準決勝・クロアチア戦で敗れ、決勝進出を逃したイングランド120分の死闘の末、延長後半に奪われた決勝ゴールで1-2で敗れた。メディアは試合終了前に守護広大ピッチでポツンと一人、センターサークルで立ち尽くす印的な1枚の画像を開。「サッカーは残酷なゲームになり得る」とつづり、サポーターに同情を誘っている。

 なんとも印的な1枚だった。英公共放送人気番組「マッチオブ・ザ・デイ」が開したのは、試合終了のホイッスルを聞く数十秒前の画像だった。

 ピッチに立つイングランド守護ピックフォード。その場所はセンターサークルだ。しかし、センターサークルの周りを含め、広大スペースにはもない。1-2で迎えた延長後半20分。アディショナルタイム5分を経過し、敵で手にしたFK。全にラストワンプレーの場面だった。

 イングランドフィールドプレーヤー9人とクロアチアの11人が全員エリア周辺に集まった。その時、若き守護センターサークルまで上がり、戦況を見つめていた。しかし、ゴール前に送られたボールは相手ボールクリアされ、それと同時に試合終了を告げるホイッスルが鳴ったのだった。

ファン同情「運が悪かった」「素晴らしい選手」「頭を上げるべき」

 この日もスーパーセーブを見せていたが延長後半4分に勝ち越しゴールを許していたピックフォード仲間との距離は遠くとも、最後の最後まで奇跡を信じていたのだろう。投稿では「サッカーは残酷なゲームになり得る。ピックフォードのなんて大会だ」とつづり、画像を見たファンに同情を誘っている。

「悲しいよ」というのほか、「運が悪かった」「本当のライオンだ」「素晴らしい選手」「サッカーとしてのプライドを修復できた、頭を上げるべきだ」とピックフィードを中心とした若きチームを称えるが相次いでいた。

 エバートンに所属する24歳は今大会、正GKとして出場。決勝トーナメント1回戦・コロンビア戦では過去3度すべて敗れていたPK戦で勝利に導いた。準々決勝・スウェーデン戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、4強進出の立役者の一人となり、活躍はファンの称賛の的になっていた。

 決勝進出のこそ断たれたが、3位決定戦のベルギー戦が待っている。泣いても笑っても、これが今大会最終戦。最後は勝って歓喜の輪の中で戦いを終える。(THE ANSWER編集部)

ジョーダン・ピックフォード【写真:Getty Images】