みんなの反応

元記事にも経緯が一切書かれてなくて呆れる。最高裁の「違憲状態」判決→1票の格差是正急務→当時の比例減案に野党反発→合区が地元の与野党議員が揃って反発→埼玉2増を軸に調整→減案で折り合いつかなかったので「野党に有利な比例を増やす」案で調整→早急に違憲状態解消を企図するも「引き続き改善は進める」と付帯決議をつけて提出。なぜ経緯をどのマスコミちゃんと伝えないのか… (nanasiさん)

結局与党の採決で決めるなら初めの比例減案じゃ駄目だったの? (ゲンさん)

当初の議論に基づいて筋を通したのが与党、内心しめしめと思いつつも「与党が増案を出した」という状況を利用して手のひら返しで批判しているのが野党。だからこそ決議の時に否決すらせずに退席で誤魔化した。姑息な連中だよ (ゲストさん)

他のコメントも見るこの記事の本文は、公開期限切れのため掲載を終了しています。
コメントのみ表示しています。