俳優高杉真宙が13日、都内で行われた『虹色デイズ』(開中)の開記念トークイベントに登壇した。この日は、監督を務めた飯塚健から演技について絶賛され、俳優業は職だと太鼓判を押される一幕もあった。

 水野美波の人気コミック実写化した本作は、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の友情とを描く青春ドラマ高杉は、佐野中川大志横浜流星と共にカルテット演を務めた。この日、高杉飯塚監督の初タッグとなった本作の撮影について、さまざまなエピソードを披露した。

 飯塚監督高杉との初対面の際には、まず顔の小ささに驚いたそうで「何だこれ! 同じ人間かって」と笑顔で振り返った。高杉と本作で仕事をするきっかけについては、黒沢監督の『散歩する侵略者』(2017)を観て驚愕したことを明かし、「やばい俳優が出てきたって思ったんです。だから一緒に仕事したいなってずっと思っていた」と嬉しそうに口にした。

 高杉は、監督が現場で見守ってくれている雰囲気があり、演技しやすかったと感謝の思いを伝え、本作で演技の成長が実感できたことを明かした。「は(演技に)柔軟がなくて、そういう部分にトラウマがあったんです。準備していたことを固めすぎて、現場で対応できなくなるようなことがあった。それが今回の現場で少しわかるようになった気がしました」。

 高杉は、役者としては「どんなに良い役でも悪い役でも、それをやってあげたいと思いながらやっています」と演技についての考えを述べると、「その役で、どれだけその場に染めるかな、というのを常に考えています。ロケだと散歩してみたりとか、スタジオだとく行って現場を眺めてみたりとか」と役づくりの工夫を述べた。

 そんな高杉に対して監督は、実際に撮影した際にも感心することが多かったそうで、自分がいかにカメラに撮られているかを把握するがあると摘。そして、高杉が出演した映画『君が君で君だ』(開中)での演技を例に、演技のふり幅についても絶賛し、今後の活躍に期待を込めた。

 最後に「自分にとって俳優業とは何か」を問われた高杉は、まずは自分が楽しくやれればいいと思っているのだと笑顔った。そして、自分にとっての職だと思えるようになれれば、と高杉に、監督は「職だと思うよ」と太鼓判を押していた。(取材・文:名鹿祥史)

高杉真宙&飯塚健監督