金融庁は13日、融資を巡る多数の不正行為があったとして、東日本銀行(東京都中央区)に対し、銀行法に基づく業務改善命令を出した。一部の不正は過去にも発覚し、再発防止策がとられたが、改善していなかった。金融庁は、新規取引の獲得に偏重した営業が常態化していたとみている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

記者会見で頭を下げる東日本銀行の酒井隆・常務(手前)とコンコルディア・フィナンシャルグループの神沢健治郎・常務執行役員=東京都中央区の日本銀行で2018年7月13日午後7時12分、竹下理子撮影