1950~60年代レーサーの製法を用いたカスタムバイクを得意とする英国のビルダー「deBolex Engineering」は、803ccエンジン搭載ドゥカティに見事なアルミフルカウルをわせたマシンを誕生させた。カウルに隠されてはいるものの、ブレーキや足回りをはじめとする各種パーツ類にも手が入れられているのだという。

【詳細】他の写真はこちら


なんといっても賞賛すべきポイントは、ハンドメイドだというアルミカウルの製造精度の高さだろう。メーカーによる純正パーツかと思わされるほどの完成度で、仕上げや塗装も丁寧そのもの。小規模ビルダーの手による手作りとは、にわかに信じられないレベルだ。

パーツ同士の「合い」もバッチリ。きちんと計算された上で作られているであろうことが伺える。それにしても、クラシックレーサースタイルカウルとスクランブラー調なアップマフラーの組み合わせはなかなか新鮮。

カウルのデザインラインから古典趣味なビルダーかと思いきや、シート素材アルカンターラを用いるなど、様々な素材を柔軟に使い分けているようだ。ちなみにアルカンターラは高級シート等にも使われるスエード調の人工皮革で、しいところではマイクロソフトの2-in-1 PCSurfaceシリーズキーボードつきカバーに用いられていたりもする。

パワーユニットはもちろんドゥカティ伝統のLツインエンジンクラシカルな外装に最近のエンジンが納められているというミスマッチ感も面いところ。

「deBolex Engineering」はドゥカティ以外にも英国であるトライアンフや、ホンダヤマハカワサキといった日本などなど、メーカーや年代を問わず様々な種をカスタムしている模様。彼らのギャラリーを見ればきっと新たな発見があることだろう。

関連サイト
Motorcycles – deBolex Engineering Co

text渡辺 "d." 大輔(編集部)
(d.365

掲載:M-ON! Press