銀行融資を巡る不正行為がまた明らかになった。金融庁から13日、業務改善命令を受けた東日本銀行は、根拠が不明な手数料を取ったり、違法な融資を放置したりするなど、悪質な行為が広範囲で横行していた。超低金利で経営環境が厳しくなる中、銀行員による不祥事が相次いでおり、管理体制の整備が急務となっている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら