12年ぶりに横綱不在の場所という事態を招き、鶴竜の師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は「横綱土俵入りを見せられず、暑い中、来てくれるお客さんに申し訳ない」と謝罪を口にした。だが、横綱不在だからといって、必ずしも物足りない場所というわけではない。過去にはしばしば、新しい力が飛躍を遂げているのだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

5日目、阿炎(奥)に敗れた鶴竜=兵藤公治撮影