カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールいた映画万引き家族』(開中)のQ&Aイベントが13日にシネマサンシャイン池袋で行われ、ポスト柳楽優弥”の呼びも高い子役桧吏が来場。劇中での“リリー・フランキーとの再会を果たした。

 6月8日開されて以来、ヒットを記録している本作は、7月13日時点で動員300万人、収36億円を突破。『そしてになる』の最終32億円をえ、是枝裕和作品史上最大のヒット作になった。この日の会はシネマサンシャイン池袋運営する佐々木興業佐々木伸一社長銀座の飲食店で知り合った佐々木社長映画館運営していると知り、「じゃ舞台あいさつをするよ」とリリーが提案したことからこの日のイベントが実現したという。

 撮影を振り返り、「明るい現場でした。スタッフさんとも仲良くなれました」と満足げな表情を見せる。その言葉にリリーも「すごく楽しく過ごしながら、こんなすごい映画ができたね」と続け、笑顔を見せた。是枝監督子役に行う演出スタイルとして、台本を渡さずにその場で口伝えでセリフを教えるというものがある。その現場を見たリリーは、「一緒に釣りをするシーンでも、その場で聞いたセリフに教えるように話していて、すごいなと思いました。祥太(の役名)すごくないですか?」と舌を巻いていた。

 撮影の半年前、家族の顔合わせが行われ、その時に家族写真を撮ったことを明かしたリリー。「その写真携帯の待ち受けにしていました。だから撮影が始まる時はずっと一緒にいたような気がして。是枝さんの演出の魔法というか、撮影が始まる前からずっといたような演出をしてくれた。すごいな」とに話しかけると、も「はい!」とその意見に同意していた。

 「カン映画祭では、(聞こえるか聞こえないほどの)ウィスパーで言っているセリフ字幕で出ている。(木)希さんが何を言っているのか分かりやすくなっていて、だから感動しやすいというのがあった。でも是枝さんは逆に音にはしたくなかった。もともとは(『万引き家族』ではなく)『に出して呼んで』というタイトルだったから。みんながに出さなくて、大切なことを言うというね」と解説した。

 そして最後は、あいさつを行うことに。リリーから元でセリフを伝授され、「宴もたけなわ、プリンスホテルでございますが。人生には大事な袋が3つあります。1つ池袋。2つは沼袋。3つは東池袋です。ご当地でまとめてみました」と締めのあいさつリリーによると、このあいさつに関しては、現在、新作の撮影準備でパリにいるという是枝監督も「前回は六本木だったけど、今回は池袋が会場だから。ここでウケなきゃおかしい」と心配していたという。だが、そのお役を見事に果たし、会場からは大きな拍手が起こり、晴れやかな顔を見せるであった。(取材・文:壬生智裕)

可愛い1枚!