大阪大学と京都大学は7月6日、湯川秀樹博士の自筆の研究室日記「湯川研究室理論コロキウム記録」のシリーズ15冊から、第1冊の前半をそれぞれのサイトで初めて公開しました。

湯川博士が記し残した研究史料を広く一般に知ってもらい、科学に対する興味を深めてもらうことが狙いです。

日本で最初のノーベル賞を受賞

湯川博士は1933年に大阪帝国大学理学部講師(兼任)、翌1934年には専任講師となり、1936~1939年5月まで大阪帝国大学理学部助教授を務めました。

この間に湯川博士は素粒子物理学の研究して中間子論を発展、1934年11月には中間子論第1論文を発表しました。

この研究成果により、1949年に日本で最初のノーベル賞を受賞しました。

研究室活動の記録

公開された理論コロキウム記録の表紙には、湯川博士の字で「理論物理学 研究室記録(京大)」「理論コロキウム記録(阪大)1938-1939 Ⅰ」と書かれています。

ノートの前半が、大阪帝国大学助教授時代の1938年4月21日~12月23日までの31回分の研究室活動の記録になっています。

後半は湯川博士が1939年5月26日に京都帝国大学教授になり、京都帝国大学理学部物理学教室に転任してからの記録です。

「理論コロキウム記録(表紙)」

「理論コロキウム記録 表紙」

名称未設定 4

「第15回理論コロキウムの記録 1ページ目」

他の研究史料(論文原稿、講演原稿、計算ノート、書簡など)の一部は、2018年秋以降に同じく各サイト上で公開予定です。

→ 大阪帝国大学理学部物理学教室 湯川研究室 理論コロキウム記録
→ 京都大学 基礎物理学研究所 湯川記念館史料室

湯川秀樹博士の直筆日記をWEBで初公開!中間子論研究の一端が明らかに