乙嫁語り」の森薫が、広島県美術館が発行した「所蔵作品ミニガイド(5)中央アジアの工芸」に、「中央アジア衣装と布」と題したイラスト2枚を提供した。

【大きな画像をもっと見る】

このミニガイドは、同館で開催中の所蔵作品展「の所蔵作品展 サマーミュージアム 想の世界へ」内小特集「中央アジアの工芸」にあわせて用意されたもの。所蔵作品展の入場者先着1万名にプレゼントされている。「中央アジアの工芸」のコーナーでは、「乙嫁語り」の世界を彷彿とさせる民族衣装刺繍の布などを展示。ミニガイドに使われたイラストの原画、以前が同館を訪れた際に描いたという色開されている。開催期間は9月9日まで。期間中はワークショップ中央アジア刺繍をしてみよう!」も実施される。

なお同館では、7月21日より特別展「ジブリの大博覧会」も開催。同展は1985年に設立されたスタジオジブリの約30年の歩みを体感できる企画として、2015年から各地を巡回している。同展が中国四国で開催されるのは今回が初めて。

夏の所蔵作品展 サマーミュージアム 空想の世界へ

会期:2018年7月4日)~2018年9月9日(日) 
会場:広島県美術館

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

会期:2018年7月21日(土) ~2018年9月24日
会場:広島県美術館

「夏の所蔵作品展 小特集『中央アジアの工芸』」チラシ