沖縄県の翁長雄志知事は13日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古の埋め立て海域で見つかった希少サンゴについて、防衛省沖縄防衛局が申請した移植を許可することを決め、同局に通知した。翁長氏はいったん移植を許可したが、サンゴに傷が見つかったことを受けて移植期限の延長を拒否、同局が再申請していた。翁長氏の判断に対し、移設反対派は反発している。