Image: Adobe Creative Cloud/YouTube

違いのソフト映画のVFXを再構築するチャレンジ

1992年開された近未来SF映画ターミネーター2シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの名を押しあげた名作で、印的なシーンも盛り沢山でした。未来からすっぽんぽん転送されてきたT-800が、赤外線っぽいビジョンで自分に合うを物色するシーンとか、忘れられないですよね。データ情報や数字の羅列、グリッドや照準などハイテクっぽいグラフィック実写映像に合成され、シュワ線が味わえる場面となっていました。

そして2018年の今、直感的な操作でウェブサイトモバイルアプリUI/UXを構築できるAdobe XDを使い、シュワ線のシーンを再現する試みが行なわれました。

まずはAdobe XDがどういうものなのか、プロモーション映像チェックしてみてください。

そして次に、Adobe XDを使って1992年のVFXが再現されていく様子をどうぞ。

Adobeタッグを組んだのは、デザイン事務所Territory。彼らはこれまで、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ブレードランナー2049』、さらに『レディ・プレイヤー1』などで劇中に登場するインターフェイスデザインを作ってきた経験豊かなスタジオです。

いつもなら未来的なデザインを作っている彼らですが、26年前の人たちが考えた未来殺人アンドロイドが見るビジュアルを再現するのは大きなチャレンジだったようです。また、彼らは全再現するだけでなく、現代テイストに味付け。よりクールT-800ビジョン完成しました。

しかし、ウェブアプリ用のデザインソフトで、SF映画のVFXが作れるというのはからウロコクリエイターの技量やセンスなくしてはできない技巧ですが、ソフトも負けてはいられないとばかりに進化してるってことですね。

ターミネーター2 シリーズ1 T-800 エンドスケルトン

6,800円


Image: YouTube
Source: YouTube1, 2), Adobe, Territory via 9to5Mac

岡本玄介