少し前に友道厩舎の2頭、ブラヴァスとトップオブメジャーについて書きました。今回はその後の2頭についてです。

 まず最初に先週デビューしたブラヴァスから。先週の日曜の新馬戦で3着ののち、放牧に出ています。レース後も元気はいいですし脚元にも特に問題はないのですが、いったんお休みとのことです。

「まだまだこれからの馬。ゆるいところが徐々にしっかりしてきてくれると思います。成長して帰ってきてくれれば」と安田助手。

 たしかにこれまでトレセンで見せていた姿からは、トモなどこれからもっともっと変わってくる印象を受けます。

「デビュー戦では特に物見などもなかったです。調教でも走るごとにいろんなことを自分なりに覚えてきてくれていますから。性格は前向きですし、つくべきところに筋肉がついて成長した体になったら、より自分自身で体をうまく使えるようになると思います」

 トップオブメジャーのほうは本日13日にゲート試験に合格しました。先週木曜に入厩したのち、何回か練習した後の一発合格でした。

 担当は古くはダービー馬・ウイニングチケット、最近ではアドマイヤミヤビをてがけた島厩務員。結構、採点は厳しい方なのですが「すごく素直で大人しい。悪さは一切しなくて、ホントいい子」と誉めていました。

 こちらもトモがまだまだゆるい印象ですが、ゲート試験を合格したことで調教のピッチも上げられることでしょう。

「いまは体力づくりが大切なとき。いいものは持っているので大事に育てていきたいね」(島厩務員)

 友道厩舎の2歳馬は今年も楽しみな面々がそろっていますね。楽しみです。

(取材・文:花岡貴子)