岐阜県は13日、豪雨被害が大きかった関市に対し、被災者生活再建支援法の適用を決めた。住宅が全壊した世帯などを対象に最大300万円の支援金が支給される。県内での同法適用は2010年の豪雨災害以来5回目。「大規模」未満の半壊や床上浸水は、関市以外も含めそれぞれ最大50万円、30万円を補助する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら