韓国を代表するバイオ専門企業株式会社CNPharm(本社:韓国、代表取締役チョン・ヒョンボム、以下CNPharm)は、従来よりも苦痛の少ない抗がん剤Pain-free Anticancer Drug」の前臨床を了し、6月29日)に行われた韓国・食品医安全庁催の“2018グロバルバイオカンファレンス(GBC2018)”にて、抗がん新補物質である「CP-727」の有効性及び前臨床結果を発表致しました。これにより、作用量内で苦痛を極与えずにがんを治療する“苦痛”抗がん新世界最初の例として、すい臓がんを対としたグロバル臨床の計画を進めることが期待できます。

現在使用されている抗がん剤は、【作用量(NOAEL)】の数十倍に達する容量が患者に投与されており、すい臓がんなどに使われる代表的な抗がん剤であるNab-パクリタキセルの場合、作用量の約40倍、卵巣がんの治療に使われるパクリタキセルは、約30倍の容量が投与されていることになります。作用量をえて投与することにより、がん患者は、好中球·血小板減少、体重減少、嘔吐、脱毛など様々な苦痛や副作用を経験することが知られています。(※1)

今回、CNPharmが発表した【苦痛抗がん剤Pain-free Anticancer Drug)】と呼ばれるこの新は、既存の抗がん剤の慢性的な問題である性と、これによる副作用するとともに、作用量の範囲内で、がん組織の死滅を誘導するため、苦痛や副作用の誘発を従来より抑えたがん治療を実現したのが最大の特徴です。この新がん、肺がんなどの様々ながんの治療であるドセタキセル(Docetaxel)と機高分子を結合させたもので、血中放出が最高3にとどまるほど低く、体内の臓器の循環を介してがん組織を探していく選択性(TTR)は非がん組織にべて10倍以上高いため、性及び副作用をなくしてそのの効果を増加させた良新として、韓国内及び世界中の医系から注を浴びています。

苦痛抗がん新 (Pain-free Anticancer Drug)】は、韓国保健福部の医療技術研究開発事業プロジェクト支援を受けて前臨床専門機関のケムオン大学ソウル峨山病院などにてその有効性と作用量の容量確認を終えたことで、前臨床中間結果は、すでに2017年7月SCI級学術誌International Journal of Nanomedicineに論文として発表されています。

ソン・ヨンス CNPharm研究所長(大科学学会会長女子大学教授)は、「抗がん治療時の苦痛は、抗がん剤性が原因でこの性により十分な容量を投与できず、最終的にがんの転移や耐性などが発生する。苦痛抗がん剤は人中心、患者中心のがん治療時代を開く」と説明。

Right to Try法案に見る、承認に向けた今後の展開
CNPharmは今回有効性評価と臨床結果発表に続き、近いうちに臨床機関(CRO)を選定して食庁に本臨床許可申請(IND filing)を行う予定です。本臨床はドセタキセルがん、がん、肺がん、前立腺がん、卵巣がん、頭頸部がん、食がん、すい臓がんという8つのがんのうち、難治がんであるすい臓がんを対に、2019年より韓国アメリカで同時にグロバル臨床1/2a(※2)を進める予定です。また、日本での臨床に関しては韓国の臨床第1相以降から進める方向で検討しております。

2016年アメリカオバマ大統領が「1960年代、に人を送るために努したように、がんの治療に政府支援をしたい」と別名「Cancer Moonshot」を発表した後、がんの予防、診断、および治療の進行速度を2倍に高めるための努が進められていますが、特に2017年5月30日トランプ大統領が「Right To Try」法案に署名したことから末期患者に臨床第1相終了治療を用いた治療も可となり、末期患者に希望を与えています。「苦痛抗がん剤」も臨床第1相終了後、末期患者に治療の機会を与えることができるものと期待され、注して研究がすすむものと見込まれます。

※1:論文 Abraxane_Product_Monograph / 180713、Albumin parclitaxel FDA / 180713より引用
※2:グロバル臨床1/2a・・・臨床1相と2aを同時に修行する場合で疾病の危険度が高く、患者を対に試験を行う場合、試験toleranceとPK/PDそしてefficacyを同時に確認する臨床試験デザインの方法。

【参考動画2018年6月29日2018 Global Bio Conference イベント及び発表場面


株式会社CNPharmについて】
2001年設立したCNPharmは遺伝子の研究と開発に専念し、抗がん剤の技術を開発しています。CNPharmのチェ・ジン博士チームLDH(Layered Double Hydroxide)の抗がん剤伝達体を開発。その他にもソン・ユン博士のPhosophazeneを利用した抗がん剤開発特許も保有しています。2000年以降、チェ博士の遺伝子LDH技術は、Nature、Angewandte Chemie、Scientific Reports、そしてChemical & Engineering Newsなどの世界最高の科学ジャーナルに紹介されました。ソン博士チームは、Polyphosphazene伝達技術に関してSCI生化学及びナノ技術ジャーナルに50件以上の研究論文を発表。また、Yongjoo Jun博士は、ソン博士チームの遺伝子伝達技術の中心研究員です。CNPharmは、遺伝子伝達研究から進み、抗がん剤開発、化防止伝達等の分野へ研究を拡大しています。

配信元企業株式会社シーアンファーム

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ