鳥取県米子市で09年、強盗殺人罪に問われた同市の無職、石田美実被告(61)の上告審判決で、最高裁第2小法廷は13日、逆転無罪を言い渡した2審・広島高裁松江支部判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。09年以降、裁判員の有罪判決を覆して全面無罪とした2審判決が最高裁で破棄されるのは初めて。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら