サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、広大なロシアの11都市12会場で争われ、長距離の移動や天候の変化との戦いでもあった。移動距離が最短だったのが約7700キロのフランス。ロシアの西端にあるレニングラード州を拠点としたクロアチアは約1万3000キロの移動距離に達した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら