Epic Gamesは、同社運営の「アンリアルエンジン マーケットプレイス」の収益分配率を上昇させたことを明らかにしました。

【大きい画像を見る】Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響


発表によれば、今後「アンリアルエンジン マーケットプレイス」にアセットなどを出品するクリエイターは、販売額の88%を収益として受け取れるということです(残り12%はストアに分配)。これまで「70:30」で分配されていたため、大きな価格見直しであることが窺い知れます。

アンリアルエンジン4(Unreal Engine 4)は2018年7月において、630万人以上のユーザーに利用され、マーケットプレイスでの販売者数も30%増加。2014年から約800万回のダウンロードが行われてきたとのこと。同社CEOのTim Sweeney氏は今回の収益分配率変更に際し、マーケットプレイスの進歩と『フォートナイト』の成功によって大規模なデジタルコマース展開を実現できるようになったとコメントしています。

Epic Games運営の『フォートナイト』は、7月13日からシーズン5の開幕を発表。新規マップを始めとした多数の追加要素が明らかになっていました。【ほかの画像を見る】Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響
Epic Games、UEマーケットプレイス収益分配率を大幅見直し…『フォートナイト』好調も影響