ロブ・ゾンビマリリン・マンソンが手を組み、ザ・ビートルズの「ヘルター・スケルター」のカバーを発表するという。1968年ホワイト・アルバム」収録の同曲だが、ビートルズの楽曲の中でも最もしい曲のひとつと言われている。

マンソンとのツアー中のゾンビは、今回同曲をカバーするに至ったいきさつについてローリングストーン誌に次のようにっている。

「今回のライブで(マンソンと)一緒に何かやろうって話していたんだ。セットが参戦すべきだって、2人で一曲やるよ」
「だが何を演奏するんだってなって。と話した後、中遅くには考えた。『ヘルター・スケルター』がぴったりだと。どちらも思いつきもしなかったんだ!」
「そこでは思った。ステージでやるだけじゃなく、もう一歩進んでレコードにしようと。ただ一緒に即するんじゃなく、ファンたちも『聴いたことのある曲だ。これを彼らが今歌っているのか』ってなるだろ」

そしてオリジナルへのリスペクトを忘れはしないとしてゾンビはこう続けた。

が思うにカバーオリジナルに忠実であるべきだ。オリジナルがわからないようなカバーに一体何の意味があるんだ?」
「だから俺達バージョンは色々な可性があれど、別の楽曲になるようなことはない」