運転中、できればお世話になりたくない「覆面パトカー」。ならすぐ気づくのに、覆面パトカーは、忍者のように一般車に溶け込んでいて、その存在に気付くと、何も悪いことをしていなくても”ドキッ”としてしまいます。でも特徴を知っていれば、それほど慌てることもないはず。あなたは、一般車両と覆面パトカーを見分けることができますか?文・吉川賢一

覆面パトカーによく使われている種 
覆面パトカー スピード違反

覆面パトカーには、交通取締り用と捜用の2つのタイプがあります。普段、私たちがにするのは、当然、交通取締り用で、代表的な種は、トヨタ クラウンです。同じトヨタですとマークX、他に日産 スカイラインスバル レガシィなどが導入されています。

他にもさまざまな種がありますが、セダンで、それなりに高性であることが多いようです。理由は、高速道路での取締りなどの際、違反に追い付くため、動に優れた種を採用する必要があることと、違反者への対応時に後部座席が利用しやすいからと言われています。

ただし、実際には2ドアソアラ覆面パトカーとして採用されていたこともあるので、違反者への対応については定かではありません。

ボディカラーは、ホワイトブラックシルバー、ネイビーが多いようです。一般車両の中に溶け込むために、ステルス性の高い、立ちにくいスタンダードカラーが多いのでしょう。

覆面パトカー

見てわかる特徴は、バックミラーの数です。覆面パトカーには、助手席に乗った警官も後方を確認できるように、内のバックミラーが縦に2つ付いています。これは、に詳しくない方でも、ひと見ればわかる特徴です。ただし、リア、およびサイドの後ろ側ガラスにスモークフィルムが貼られている車両が多く、後方から確認することは困難です。

反対に、前述した種で、リアサイドの後ろ側ガラスに濃いめのスモークフィルムを貼ったセダンは、あやしいというということが言えます。

リアのスモークフィルムのように、走行中でも確認ができるものが「アンテナ」です。パトカー線を積んでいますので、通常は装備されないアンテナルーフやトランクに付いていることがあります。

覆面パトカーでの取り締まりは、通常、警察官2人で行われています。運転席と助手席にそれぞれ乗っています。多くの場合は、制服を着て帽子ヘルメットを被っています。

もしかして覆面パトカー?」と思っても、違反をしていなければ問題ありません。わき見運転はせず、安全運転で走行しましょう。

他にもある覆面パトカーの見分け方
覆面パトカー

これといって理由はないのに、他のクルマと違う雰囲気を感じる…。「覆面パトカーかな?」と一度は思ったことがあるでしょう。その直感を紐解いてみましょう。

まず、覆面パトカーの見たはいつもピカピカです。の降った翌日でも、手入れが行き届いており、のようにっています。なぜなら、搭乗していた警察官たちが、勤務を交代する際に洗をして次に渡すためです。逆に、覆面パトカーなのに体が汚れていたら…。覆面パトカーだと気づく人は、少なくなるのかもしれませんね。

また、運転の仕方にも特徴があります。法定速度をきちんと守り、常に左の線を走行する、ウィンカーは必ず出す、線変更がきれい、などすばらしい運転の技術を持っています。すべての動きが、駄がなくてきれいです。

さっきまであなたのすぐ横を走っていたクルマも、覆面パトカーだったかもしれませんよ。

技術の発展とともに、覆面パトカーも最新技術を搭載し、見分けにくくなってきました。アンテナは、線技術が進化したのか、アンテナ覆面パトカーも走っているようですし、今後、バックカメラが普及すれば、バックミラーは一つ、もしくはバックミラーしで対応できるようになるでしょう。

とはいえ、覆面パトカーのお世話になるのは、違反を犯したときだけです。々は、いつも安全運転を心がけて走りましょう。

知ってる⁉ 覆面パトカーの見分け方