ニュー・アルバムを8月17日(金)にリリースするアリアナ・グランデが本日新曲「God Is A Woman / ゴッド・イズ・ア・ウーマン」を発表した。

“神は女性”を意味するこのタイトル。「あなたは私に夢中で、私のことを愛しすぎて、神様は男性ではなく女性だと思い始めたでしょ」と唱える、ラブ・ソングとなっている。

フェミニスト(女性主義者/男女平等主義者)であるアリアナは、「ゴッド・イズ・ア・ウーマン」を発表することを事前に告知。“ニュー・アルバム収録曲の中で、アリアナの祖母が一番好きな曲”であるこの曲は世界中のファンが期待し、また前述の通り「女性主義を唱える曲なのか」と海外のメディアも期待していたところ、“究極の愛”を“神は女性(私)だ”と唱えるラブ・ソングだったとあり、良い意味で世界中の予想を裏切った。

 

アリアナ・グランデ