Netflixフジテレビで配信・放送中の「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」より、第17話で卒業をした大学生小室安未が、卒業後の心や当時の裏話などをった。

【写真を見る】安未「聖南さんの”TERRACE HOUS結婚”が楽しみです!」

同番組は、シェアハウスに同居する男女6人の青春模様を記録したリアリティー・ショー。その共同生活の様子をカメラで追いかけ、友情、恋愛、夢などさまざまなドラマを映し出していく。

メンバー中村之からも、「こんなかわいい子、見たことない」と言わしめるほどのルックスで注を集めてきた安未。その素直さと、たまに見せるキュート笑顔で、さまざまな男性メンバーからアタックされた。

そこで、「ザテレビジョン」では卒業後の安未にインタビューを敢行。「TERRACE HOUSE」での日々について話を聞いた。

――「TERRACE HOUSE卒業後、喪失感はありましたか?

女子メンバーだけじゃなく、男子メンバー含め、みんなほぼ毎日リビングに集まってわちゃわちゃしていたんです。それがすごく楽しかったし、起きてかがリビングにいて、みたいなのがくなったのがさみしかったです。

初期メンバーでは、一回だけ、プレイルームで6人全員映画を見たことがありました。それも、自然と集まって。本当に仲が良かったんだと思います。

――男性メンバーからのアプローチもありましたが、どうでしたか?

一人ずつ言っていくと、私は「守ってあげたい」という感情が湧かないタイプなんですけど、(新井)雄大性本をくすぐるタイプだと思いました。

さん(中村之)の、「8割ので生きていい」っていう言葉は本当に(胸に)刺さったし、相談するとに応えてくれるところはすごくいいなと思っていました。

(上村)さんも、面くてワードセンスっていてましたね。総じてみんな優しくて。普通にモテるんだろうなっていう人たちでした。

――スタジオからは厳しいもありましたが、どう思ってましたか?

スタジオ自体はあまり気にしていなかったんですが、それに便乗する世間の皆さまのリアクションの量がすごくて…。泣いちゃったりもしたんですが、その分味方もいっぱいいたので、もう大丈夫です。

それだけ反のある、すごい番組なんだなってめて実感しました。それに、メンバーのみんなが「一緒に住んでるうちらが、安未のことちゃんと分かってるからいいじゃん!」って言ってくれたのも大きかったです。

■ 親友・つば冴との出会いについて

――「TERRACE HOUSE」で印的だった出来事を教えてください。

女子メンバーみんなすごく好きなんですけど、(佐藤)つば冴と一緒にいる時間が一番長かったです。なので、「『TERRACE HOUSE』に住んで良かったな」って思える理由の多くをつば冴が占めていますね。

仲良くなったきっかけは特にありませんでした。私はにいることも多かったんですが、つば冴は仕事練習、帰宅って言う感じで。、部屋でしゃべることがほとんどで、それを毎日続けていたら自然と仲が深まったという感じですね。

普通に生きていたら絶対に仲良くなってないよね」って話は、つば冴と二人でしていました(笑)

――そんなつば冴さんに影されたことってありますか?

すごくポジティブだし、ストイックな一面もあるのでそういうところは見習おうって思いました。あと、常に笑顔なので、その明るいオーラを「つば冴から吸収しまくろう!」と思っていました。

しかも、相談に乗ってくれて、アドバイスもしっかりしてくれるんですよ。友達としてもすごいし、先生みたいな感じでした(笑)

卒業した今も、つば冴とはすごく会っています。(岡本)至恩とのデートに混ぜてもらったり、二人でご飯に行ったり。

――卒業前には、つば冴さんと至恩さんカップル背中を押していましたよね。

至恩が、恋愛としてつば冴を好きだっていうのが、ちゃんとつば冴に伝わっていなかったと思ったんです。つば冴としゃべっていて、つば冴も「どう思っているんだろう?」って言っていたので、至恩から行かないとダメだなって(笑)

――今後の展開が気になるメンバーはいますか?

南さん! 結婚相手を見つけることができるのか、すごく気になります。前に付き合っていた人も「TERRACE HOUSE」で出会った人でしたし、今回は、番組史上初の“TERRACE HOUSE 結婚”、楽しみにしています!

■ 安未にとっての「TERRACE HOUSE」とは…

――「TERRACE HOUSE」を卒業した今、これからの標を教えてください。

やれるお仕事、いただけるお仕事には挑戦していきたいと思っています。お芝居もチャンスがあればやりたいので、いま一生懸命、練習しています。しゃべれるか分からないですけど、バラエティー番組とかも出てみたいですね。結構ズバっと言ったりして(笑)

――安未さんにとって「TERRACE HOUSE」とはどんな場所でしたか?

進路を迷う時期に「TERRACE HOUSE」に入れて本当によかったです。「芸世界しなよ」ってメンバーに後押ししてもらったことが大事だったなって思います。

自分の標がはっきりと決められた、ターニングポイントになった場所。逆に、「TERRACE HOUSE」に住んでいなかったら「いまは何してたんだろう?」って考えちゃうくらいです。(ザテレビジョン

「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」を卒業した初期メンバーの小室安未