2018年上半期の登録車販売台数でナンバー1いた日産・ノート。今回の一部良と併せて、オーテックジャパンから新たなカスタムカーである「AUTECH(オーテック)」が発売されました。

詳細画像はこちら

今年1月セレナに設定された第2弾となるカスタムカーの「AUTECH」は、スポーティでありながらよりプレミアム感の高いスタイリング素材にこだわるユーザーに向けたモデル。単なるスポーティモデルではなく、クラフトマンシップが注入された、プレミアムスポーティ志向という位置づけです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ノートAUTECH」の外観は、プレミアムスポーティとして細部まで作り込まれたディティールと、メタル調フィニッシュの専用パーツによって上質と先進性を表現下としています。

ボディカラーは「AUTECH」専用ボディカラーである「オーロラフレアブルーパール(P)」を含む7色をラインアップ。一方の内装は「AUTECH」のアイニックカラーであるブルーが随所に配されていて、上質な素材と細部にまでこだわったとしています。

詳細画像はこちら

外観を具体的に見ると、専用のフロントグリル、エンブレムフロント・リヤバンパーサイドターンランプ、リヤバンパーフィニッシャー、15インチアルミホールなどを装着。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

内装では、本革巻きステアリング、エンブレムセンタークラスター)、エアコン吹き出し口ブルーフィニッシャー、シルバーフィニッシャー(センタークラスターサイドなど)といった専用アイテムを装備。

詳細画像はこちら

また、ノート「e-POWER 2WD」に「e-POWER AUTECH SPORTS SPEC」も設定されています。16インチインチアップされた専用アルミホイールタイヤ、サスペンションチューニングやボディ補強(フロントクロスバー、前後サスペンションメンバーステー、トンネルステー、リヤクロスバー)などにより、優れた高速安定性と上質な乗り心地を両立。専用チューニングコンピューターVCM)の採用により、心地よい加速フィーリングを実現したとしています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ノートの「AUTECH」モデルの価格帯は、174万5280円〜248万760円です。

(文/塚田 写真/前田介)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

販売台数ナンバー1の日産・ノートに大人のプレミアムスポーティ「AUTECH(オーテック)」が追加(http://clicccar.com/2018/07/14/608038/)