彼氏のことが好きすぎて、寝ても覚めても頭の中は彼氏のことでいっぱい! そんな女友だち、あなたのまわりにもいませんか? ずっと仲よしだったのに、彼氏ができた途端に連絡が途絶えた……なんて、彼氏に夢中な女友だちに振り回されてしまう女性は結構いるようです。そこで、皆さんが遭遇した彼氏が好きすぎる女友だちのエピソードを聞いてみましょう。

■彼氏が好きすぎる女性とは

会話や態度から、とにかく彼氏が大好きなことが伝わってくる女友だち。彼氏が好きなのはきっと誰だって同じなのに、なぜ「彼氏のこと、好きすぎなんじゃない?」と感じてしまうのでしょうか?

◇彼氏が好きすぎる女性の特徴

そこで、まずは「彼氏のことが好きすぎる」と感じる女友だちの特徴を聞いてみました。

☆いつも彼氏を最優先

・「友だちと遊ぶ約束を先にしていたのに、それをドタキャンしてまでも彼氏を優先したとき」(28歳/医療・福祉/その他)

☆彼氏自慢がひどい

・「ずっと彼氏の自慢をしていて、まわりがうんざりしても気づかない」(34歳/医療・福祉/専門職)

☆彼氏の言いなり

・「いつでもどこにいても、彼氏に呼ばれたら行く」(23歳/不動産/その他)

友だちの気持ちも考えず、すべての行動が彼氏優先になってしまうと、さすがにまわりからは「好きすぎ」と思われてしまうようですね。特に、恋のはじまりのころはまわりが見えなくなりやすいので、彼氏好きすぎ女子に陥りやすい時期として肝に銘じておいたほうがいいかもしれません。

◇彼氏が好きすぎる女友だちあるあるエピソード

それでは、彼氏好きすぎる女友だちが繰り広げた、実際のエピソードをご紹介します。

☆彼氏のせいで遊べなくなる

・「私と遊ぶのを彼氏に禁止されたと、夜中の2時頃に電話で言われました」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

☆みんな自分の彼氏に夢中だと勘ちがい

・「彼氏を紹介されてたまに一緒に遊ぶうち、小さなことで私が彼氏に気があると勘ちがいされて、ちがうと言っても信じてくれず、揉めて縁を切った」(33歳/小売店/その他)

☆ディズニーランドで放置される

・「ディズニーランドに行っていたとき、彼氏がアフター6で乱入してきてそっちと合流してしまった」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

☆相談事の途中で帰られる

・「友だちと2人でご飯を食べながら相談事をしていたのに、『彼氏が迎えに来る』と話を切り上げられて解散になった」(34歳/運輸・倉庫/その他)

当人たちに悪気はないのでしょうが、振り回される友だち側は、これまでの関係が崩れたり、テーマパークでひとり置き去りにされたりと、思わぬ出来事に巻き込まれてしまったようです。

■彼氏が好きすぎる女性のこと、みんなはどう思っている?

では、実際に振り回された経験のある女性は、彼女たちのことをどう思っているのでしょうか? 腹が立つ? それとも、なんだかんだ許せちゃうものなのでしょうか?

◇女友だちの本音

彼氏を好きすぎる女性に好感を持てるのか。そして、好感が持てる・持てない理由をそれぞれ聞いてみました。

Q.彼氏を好きすぎる女友だちに好感は持てますか?

持てる(40.4%)
持てない(59.6%)
※有効回答件数386件

「好感が持てない」という女性がやや多いという結果に。では、好感が持てる・持てないと思ったそれぞれの理由を聞いてみましょう。

☆好感が持てる派の意見

・「彼氏のグチばっかり言っている女の人よりもよい」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「周りが見えなさすぎはよくないが、好きなら応援したい」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

☆好感が持てない派の意見

・「うまくいっているうちは彼氏ばっかりで、別れたら急に女同士べったりって感じになるので、調子よすぎ」(30歳/運輸・倉庫/営業職)

・「友だちの気持ちを考えていないのではないかと思うことが多いから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

「好感が持てない」と答えた人たちは、その女性があまりに自分勝手すぎる振る舞いをする場合にそう感じるのであって、ほんののろけ程度であれば問題がなく、やはり友だちとして応援したり心配したりする気持ちのほうが大きいという人が多いようでした。「自分に彼氏ができたらやってしまいそう」という声も少なからずあったので、明日は我が身と思っている女性もいるのかも!?

◇彼氏優先だと、女友だちから距離を置かれることも

恋愛の心配事や彼氏とのうれしかった出来事などを友だちに聞いてほしかったり、どうしても彼氏を優先したい日があったりするのは、きっと誰でも同じ。ただ、度がすぎてしまうのはよくありません。そこで、もし「まわりが見えなくなっているな」と感じたらどうするのかも聞いてみました。

☆自立するようアドバイス

・「友だちだったら自立することをすすめます。そこまで仲よくない人なら、あまり近づきません」(30歳/生保・損保/営業職)

☆遠くから見守る

・「その時期は深い付き合いはせず、冷めるまで遠くから見守る。話だけは聞いてあげる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

☆普通に接する

・「普通に接すると思う。恋愛体質なんだなと思いながら、その子の今後を私ができる形で全力で応援する」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

迷惑を被らない程度の距離感での付き合いを心掛けながらも、その子にマイナスなことが起きそうであれば声をかけるという意見が目立ちました。ただ、「付き合いたくない」「こっちから連絡はしない」といった声も少なからずあったので、やはりまわりが見えなくなるほどのめり込まないように注意したほうがいいようです。

■彼氏とラブラブなときほど、ちょっと冷静にまわりを見てみよう

恋愛の心配事や彼氏とのうれしかった出来事などを女友だちに聞いてほしかったり、どうしても彼氏を優先したい日があったりするのは、きっと誰でも同じ。ただ、度がすぎると友だちに迷惑をかけることになり、気づいたらまわりに誰もいない……なんてことになりかねません。恋愛にのめり込んでいるときほどちょっと冷静になって、周囲が嫌な気持ちになっていないか考えるようしましょう。

(千葉こころ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年4月19日~4月22日
調査人数:386人(22~34歳の未婚女性)

うんざり。同性から嫌われる女性の特徴