ベルギーに準決勝で勝利したフランスが暫定トップに君臨

 ロシアワールドカップW杯)もいよいよ14日の3位決定戦(イングランド×ベルギー)と15日の決勝(クロアチア×フランス)のみとなった。放送局「CBS」はロシアW杯に出場した全32の最新パワーランキングを発表し、日本は堂々のトップ10入りを果たしている。

 日本グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と金星を挙げ、第2戦セネガル戦は2-2ドロー、第3戦ポーランド戦は0-1敗戦。イエローカード2枚差のフェアプレーポイントセネガルを上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。ベスト16ではベルギーに惜しくも2-3と敗れたものの、一時は2-0とリードして世界3位の強に冷や汗をかかせる戦いを披露。日本初の8強進出はわなかったが、健闘ぶりが評価されてランキング10位に食い込んでいる。

 16強で大会を後にした日本だが、メディアCBS」は「日本ピッチ上で全てを出し尽くし、ファン素晴らしい思い出を残した」と称えている。とりわけベルギー戦については「勇敢な戦いぶり」と記しており、「おそらくもっと評価に値する」と良い意味で驚きを与えたようだ。

 日本を撃破して勝ち進んだベルギーだが、準決勝でフランスに0-1と敗れており、ランキング1位から4位に転落。そのベルギーに勝利したフランスが暫定で1位に君臨しており、決勝で突するクロアチア2位イングランドが3位と続いている。


Football ZONE web編集部)

日本代表は堂々のトップ10入りを果たした【写真:Getty Images】