「おっさんジャパン」と揶揄されたチームは世代交代が必須。次期監督には、若手を育てながら結果を出すという難しいミッションが課される
おっさんジャパン」と揶揄されたチームは世代交代が必須。次期監督には、若手を育てながら結果を出すという難しいミッションが課される

中にも決まる可性が大だという、サッカー日本代表の新監督

補として噂に上る内外の導者たちの顔ぶれとは!?

* * *

ポスト西野になるのか。次の日本代表監督についての報道が過熱している。

補に挙げられているのはドイツアメリカの代表監督を歴任したかつての世界スター選手、ユルゲン・クリンスマン氏(53歳)や、五輪代表(U-21代表)監督との兼任となる保一(もりやす・はじめ)氏(49歳)。さらにはアーセナル監督を勇退したばかりのアーセン・ベンゲル氏(68歳)、元イタリア代表監督ロベルト・ドナドニ氏(54歳)らの名前も取り沙汰されている。

なかでも最有視されているのがクリンスマン氏だ。「テレビ解説の仕事ロシア滞在中のクリンスマンと交渉するため、日本サッカー協会田嶋幸三会長が急遽同入り」「元浦和監督クリンスマン氏の親友でもあるギド・ブッフバルト氏がコーチに就任か!?」など、かなり具体的に踏み込んで報じられている。 

もっとも、当のクリンスマン氏は日本メディアの取材に対し、「噂は真実でない」と否定しているのだが......。

いったい、どこまでが真実なのか? サッカー専門誌編集者のA氏が裏事情をってくれた。

「協会の側がクリンスマン氏に狙いを定めている事実はありません。彼は2016年11月アメリカ代表監督を解任され、現在フリーなので、代理人が熱心に協会に売り込んでいるというだけ。日本は選手のクオリティそれなりに高く、協会はきちんと約束の報酬を支払ってくれ、社会インフラが整備されていて治安もいいので、多くの指揮官の間で人気なんです。そのクリンスマンの代理人というのが交渉を有利に進めるため、あちこちで『就任は決定的』と触れ回っているのを、日本メディアに受けて記事にしたというわけです」

では、田嶋会長の緊急ロシア再入デマ

田嶋会長FIFA国際サッカー連盟)理事ですから、当初からW杯の準決勝、決勝を観戦することになっていました。敗退した日本代表と共にいったん帰しましたが、再びロシアに戻るのは予定どおりの行動なんです。そこに『現地でクリンスマンと交渉』と尾ひれがついたにすぎない(笑)。ブッフバルトコーチ就任も、そうなったらいいなという願望レベルの話。ただし、次期監督補としてクリンスマン氏が上(そじょう)に載せられているのは確かなので、最終的に彼が選ばれても不思議ではありません」(A氏)

ほかに報じられている指揮官はどうか?

「協会内に日本人導者を推すが少なくないので、保氏は有補のひとりとみていいでしょう。ロシアW杯では西野監督アシスタントコーチを務め、現代表のことも把握していますしね。一方、ドナドニ氏は自分から売り込みをかけているだけで、イタリア代表はもちろん、クラブレベルでもさしたる実績を残していませんから論外。

ベンゲル氏は面でも、日本サッカーへの理解という点でも、確かに協会内に待望論はあるのですが、報酬の高さがネックとなり、オファーすら出していない状況です。ほかに大物といえる指揮官から協会への売り込みはなく、関塚委員長以下、技術委員会も特に具体的なリストアップはしていないようなので、今のところ現実的な補はクリンスマン氏と保氏ぐらいだとみていいでしょう」(A氏)

◆『週刊プレイボーイ31号(7月14日発売)「クリンスマン? 保? 西野のサプライズ続投も? 2022年カタールW杯に向けて待ったなし!! サッカー日本代表の新監督補、なら勝てんのか?」より

撮影/佐野

「おっさんジャパン」と揶揄されたチームは世代交代が必須。次期監督には、若手を育てながら結果を出すという難しいミッションが課される