梅雨も明け、いよいよ夏本番。紫外線も多くなり日焼けが気になる季節の到来だ。昨今、男性の間でも美意識が高まり、日焼け対策を行う人が増えているという。

そこで今回は、マイナビニュース会員のうち、男性会社員502名に「日焼け対策を行っているか」聞いてみた。

○Q.日焼け予防として行っていることはありますか?

はい 48.6%
いいえ 51.4%
○Q.日焼けしないために対策をしている理由を教えてください

シミ、そばかす予防のため

「日焼けするとシミになるから」(49歳男性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
「外での作業が多く、年代的にシミが怖い」(45歳男性/教育/公共サービス関連)
「年齢を重ねるにつれてシミができて、目立つようになってきたから」(37歳男性/食品/営業関連)

皮膚ガン予防のため

「皮膚ガン予防」(34歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/IT関連技術職)
「皮膚ガンの予防など身体的な理由」(37歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)
「紫外線でガンになりたくないから」(45歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)

肌が弱いため

「肌が弱いので日焼けすると後が大変」(45歳男性/精密機器/メカトロ関連技術職)
「もともと肌が弱く、冬でも少し長く屋外にいると赤くなってしまうので」(49歳男性/ビル管理・メンテナンス/技能工・運輸・設備関連)
「肌が弱く、日焼けするとただれる」(53歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)

ヒリヒリ痛くなるから

「日焼けし過ぎると痛い」(56歳男性/ガラス・化学・石油/営業関連)
「入浴時にヒリヒリして痛くなる、睡眠時にヒリヒリして寝られなくなってしまうので」(38歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
「日焼けした後の肌がヒリヒリするのが嫌だから」(35歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)

遊んでいるように見えるから

「チャラくみられそう」(40歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
「日焼けしやすいため、遊んでいると思われるから」(44歳男性/生命保険・損害保険/事務・企画・経営関連)
「日焼けすると遊び人だと思われそうだから」(41歳男性/電力・ガス・エネルギー/事務・企画・経営関連)

仕事での印象を良くするため

「接客しているので焼けていると見栄えが良くないから」(43歳男性/医療・福祉・介護サービス/営業関連)
「社内スタッフや、社外のお客様に清潔で好印象でいたいから」(33歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)
「肌の老化をできる限り遅らせて、若さを保つことで、商談相手に好印象を与えて、仕事の成果につなげたいから」(57歳男性/その他金融/営業関連)

男性502名のうち、48.6%となる244名が日焼け対策をしていることが判明した。アンチエイジングのために日焼け対策をしている人が多く、紫外線によるシミ・そばかす予防のために日頃から気をつけているそう。今までは気にしていなかったが、30代後半になり、スキンケア対策の重要性を認識したという人も。年齢と共にシミが増え、日焼け対策を怠っていたことを後悔している人もいるようだった。

さらに、ビジネスの場で相手に不快感を与えないために日焼け対策しているという人も。日焼け肌は「清潔感がない」「遊んでいそう」といったネガティブな印象を与えるのではと不安に感じている人もいるようだ。

続いて、日焼け対策をしていると答えた244名に、具体的な対策法を聞いてみた。
○Q. どのような対策をしていますか? 具体的に教えてください

日焼け止めを塗る

「日焼け止めクリームをこまめに塗っている」(51歳男性/その他/その他・専業主婦等)
「日焼け止めは頻繁に塗るようにしている」(35歳男性/公益・特殊・独立行政法人/公共サービス関連)
「日焼け止めを朝の日課として塗るようにしている」(55歳男性/重電・産業用電気機器/その他技術職)

長袖シャツや帽子、サングラスの着用

「ほぼ長袖しか着ません」(53歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)
「直射日光を浴びないように帽子をかぶって外出する」(37歳男性/食品/営業関連)
「長袖、長ズボンで露出度を減らし、つばの広い帽子をかぶる。サングラスをかけるなど」(38歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

サプリメントの摂取

「ビタミン系のサプリを飲む」(55歳男性/官公庁/公共サービス関連)
「ビタミン系の肌にいいサプリを飲むようにしている」(54歳男性/教育/IT関連技術職)
「肌にいいサプリメントを摂る」(54歳男性/その他金融/営業関連)

具体的な日焼け対策としては、「日焼け止めを塗る」「帽子やサングラスの着用」「長袖を着る」といったものがあがった。日焼け止めを一定時間ごとに塗り、帰宅後にはクールダウン用のローションでケア。さらに果物を多く食べるなど徹底している人も。ビタミン系のサプリを飲んでいるという人も多かった。

また、日傘を使っているという人もチラホラ。近年、「日傘男性」という言葉もあるそうで、男性の間で日傘がひそかなブームになっているようだ。
○Q. 日焼け対策をしない理由を教えてください

日焼け肌は健康的でカッコイイから

「適度な日焼けは健康的」(45歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/公共サービス関連)
「焼けた後のシミは気にはなるが、黒いほうがたくましく見えるから」(55歳男性/その他/専門職関連)
「もともと色黒だし、日に焼けた肌のほうが男らしいと思うから」(57歳男性/教育/専門サービス関連)
「日焼けしたほうが引き締まってみえるから気にしない」(42歳男性/レジャーサービス・アミューズメント・アート・芸能関連/事務・企画・経営関連

今さらやっても仕方ないから

「気にはなるけど、今さらな気がする」(53歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
「いいおじさんなので、今さらする気が起きない」(40歳男性/その他電気・電子関連/事務・企画・経営関連)
「今さら日焼け予防する歳でもないので」(52歳男性/非鉄金属/IT関連技術職)

あまり外に出ないから

「外出する機会が少なく、あまり日焼けしないから」(40歳男性/ガラス・化学・石油/その他技術職)
「日焼けするほど、外にいないから」(49歳男性/非鉄金属/事務・企画・経営関連)
「基本、内勤のデスクワークなので日焼けする程に外回りしないので」(54歳男性/総合商社/営業関連)

その他

「おっさんに美肌は不要」(41歳男性/専門店/技能工・運輸・設備関連)
「具体的にどんな日焼け対策をすれば効果的なのか知らないため」(36歳男性/総合電機/事務・企画・経営関連)
「農作業やガーデニングをしているので日焼けを気にしていられない」(57歳男性/その他/その他・専業主婦等)

「日焼け対策をしない」と答えた258名(51.4%)からは、「むしろ日焼けをしたい」という声が多く寄せられた。日焼け肌は「健康的」「男らしい」「たくましい」というイメージをもつ人も多いようで、「夏に肌が白いのは格好悪い」という声もあった。

また、単純に「日焼け対策が面倒くさい」という声も。日焼け止めクリームを塗り直したり、帽子やサングラスを用意したりするのは手間も費用もかかるため、面倒くさく感じてしまうのかもしれない。他にも、「日焼けしても困ることは何もない」「焼けたら焼けた、焼けなければ焼けない。それでよし」といったワイルドな声も寄せられた。

まだまだ日焼け対策に無関心な男性も多いことが判明した今回のアンケート。見た目だけでなく健康のためにも、性別問わず、注意してみるのもいいかもしれない。

調査時期: 2018年6月21日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 502名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません
(Yumi)

画像提供:マイナビニュース