お笑いコンビのシャンプーハットが、カンテレ・フジテレビ系バラエティ番組『おかべろ』(カンテレ14日14:27~、フジ17日24:55~ほか)に出演する。

テレビ局近くの飲食店へ収録の合間に訪れる有名人に、ナインティナインの岡村隆史と、店主のロンドンブーツ1号2号・田村亮が質問をぶつけていくという設定の同番組。関西の後輩芸人の登場に、岡村と亮はリラックスモードで、てつじは「もうちょっと緊張してもらえません?」と、ツッコミを入れる。

関西では10本近くのレギュラー番組を持つ売れっ子だが、同期のブラックマヨネーズ、チュートリアル、野性爆弾、次長課長のように東京へは進出せず。「ブラマヨなんて、ビジュアル的に絶対ずっと大阪でやっていくと思っていたから、さみしかった」などと本音を吐露。てつじは「なんで東京と大阪で分けられてんねん!」とぼやきつつ、「岡村さんは東京に帰った途端、パタンと呼んでくれない」と、岡村への不満とも取れる発言も飛び出す。

そんな2人に、亮が「東京に出ようと思ったタイミングはなかったん?」とズバリ質問すると、「レギュラー番組はあったんです!」と、意外な過去を告白。また、芸歴25年で上方漫才大賞奨励賞を受賞したこともある実力派の2人が、テレビに初めて出演した時の秘蔵映像も登場し、「えらいの残ってるな~!」と、岡村も亮もビックリの内容に、シャンプーハットの2人は赤面する。

画像提供:マイナビニュース