ご飯が無限に進むと話題になった無限ピーマンですが、今やたくさんのアレンジレシピが生み出されて親しまれています。以前アリシーでも、ピーマンを他の野菜に変えてみたり、無限ピーマン+チーズに挑戦してみたりと、いろいろなアレンジにチャレンジしてきました。




でも本当はどのアレンジが一番おいしいの? 今回はバラエティ豊かな進化系無限ピーマンを再現。頂点に輝く味付けを独断と偏見で選びます!

おいしさ、無限度(ご飯が無限に進むかどうか)、手軽さ(作り方の単純さや、家にある材料でできるかどうか)、意外さ、の4項目でチェックしちゃいますよ。


■スタンダードな無限ピーマン



まずは基本の無限ピーマンを作ります。材料は細切りにしたピーマン(2個)、ツナ缶(1缶)、中華顆粒だし、塩、こしょう、ごま油(それぞれ適量)です。すべての材料を耐熱容器に入れたら電子レンジ600Wで2分〜2分半加熱するだけ。




あとは混ぜてできあがり。




基本の無限ピーマン、確かにご飯が無限に進む! 材料も身近なものしか使わないので、とても手軽ですよね。

おいしさ:★★★★☆
無限度 :★★★★☆
手軽さ :★★★★☆
意外さ :★☆☆☆☆

星1個を5点とすると合計65点。


■ゆず胡椒×無限ピーマン





塩こしょうの部分をゆず胡椒に変えた無限ピーマンを再現。レンジでチンする時に塩こしょうを加えず、最後にゆず胡椒を混ぜてみました。




ピリ辛がクセになる無限ピーマンになりました。ただ、ゆず胡椒の風味が強すぎるので、ピーマンとツナの素材の味わいが薄れてしまっているのが個人的には残念でした。家にゆず胡椒が余ってる、なんて人は試してみても良いかも。

おいしさ:★★☆☆☆
無限度 :★★☆☆☆
手軽さ :★★☆☆☆
意外さ :★★★★★

合計55点。


■カレー粉×無限ピーマン





お次はカレー粉! ゆず胡椒と同じく、塩こしょうの代わりにカレー粉を使用しました。匂いが食欲をそそる……。




うん、カレー味は正義。ご飯がかなり進みます。顆粒だし+カレー粉なので味付けが濃すぎないかな? と不安だったのですが問題なし! ツナとカレーも相性ぴったりです。「予想通りおいしい」という感じで意外性は少なめ。

おいしさ:★★★★★
無限度 :★★★★★
手軽さ :★★★★☆
意外さ :★☆☆☆☆

合計75点。


■焼肉のタレ×無限ピーマン





お次は焼き肉のタレ。調味料はシンプルに焼肉のタレとごま油だけで作りましたよ。




間違いなくおいしい! 焼き肉屋さんで焼き野菜を食べているのと同じ感覚ですね(笑)。通常の無限ピーマンよりも調味料が少ないのでお手軽です。ただ、無限ピーマンが加熱時にしっかりと味が染み込むのに比べて、焼肉のタレは上からかけただけなので、やみつき度合いは低め。無限にご飯を食べたくなるよりも先に、本物のお肉が食べたくなるお味になりました。焼き肉のタレ、恐るべし。

おいしさ:★★★★★
無限度 :★☆☆☆☆
手軽さ :★★★★★
意外さ :★☆☆☆☆

合計60点。


■トマトとオリーブオイルでイタリアン風





ミニトマトとオリーブオイルでイタリアン風にしてみましたよ。調味料はオリーブオイル、塩、こしょうのみ。半分に切ったミニトマトは最後に和えました。他の無限ピーマンよりはトマトを切る分だけ手間がかかります〜。




まず見た目が華やか! 赤黄緑そろったカラフルな料理にテンション上がります。お味は無限ピーマンというよりサラダを食べている感覚に近いかも。唯一洋食の日にも食べたい一皿になりました。意外なアレンジに出合えた気分。毎日の食卓にヘビロテさせたい!

おいしさ:★★★★★
無限度 :★★☆☆☆
手軽さ :★★☆☆☆
意外さ :★★★★★

合計70点。



筆者個人の味覚では、以下の結果になりました!

1位:カレー粉
2位:イタリアン風
3位:普通の無限ピーマン
4位:焼き肉のタレ
5位:ゆず胡椒

だけどそれぞれ良かったポイントも違うので、一概には決められない〜!!




余った分はこんなふうに小分けにしておいても良いのかも? お弁当に入れても◎。みなさんも気になるアレンジがあったら試してみてくださいね!

(伊東ししゃも+ノオト)


無限ピーマンアレンジメイン画像