【ロンドン時事】英南部エイムズベリーで先月、男女が軍用神経剤ノビチョクにさらされ1人が死亡した事件で、警察は13日、被害者の自宅で見つかった小瓶の中からノビチョクが検出されたと発表した。警察は汚染源だとみて、3月に起きたノビチョクを使った元ロシア情報員父子暗殺未遂事件との関連を中心に調べている。

 小瓶は、意識不明の重体となっている男性チャーリー・ローリーさん(45)の自宅から11日、押収された。警察は検出されたノビチョクが3月の事件で使用されたものと同一かどうかや、ローリーさん宅に持ち込まれた経緯などについて特定を急ぐ。ローリーさんのパートナー女性ドーン・スタージェスさん(44)は8日に死亡した。