【ロンドン時事】訪英中のトランプ米大統領は13日夕(日本時間14日未明)、ロンドン近郊のウィンザー城でエリザベス女王と会見し、茶会に出席した。女王が在任中に会見した現役の米大統領は、トランプ氏で11人目。

 ロイヤルブルーのドレスに身を包んだ女王が中庭に設置された高座で待つ中、トランプ氏は大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」で到着。ダークスーツに赤と紺色のしま柄のネクタイ姿で車から降り、女王にゆっくりと近づいて握手を交わした。

 女王と並んで立つトランプ氏は背筋を伸ばして口を固く結び、幾分緊張した面持ち。儀仗(ぎじょう)兵を閲兵した後、城内で約50分間過ごし、茶会を楽しんだ。