コミック電撃大王」で連載中の『機動戦士Zガンダム外伝 審判メイス』。地球への「彗星落とし」を実行しようとするネオジオン残党と、それを阻止に出たヨーンたちデルフォイ隊。決着の刻を迎えつつある、両勢の戦をもう一度振り返ってみましょう。

デルフォイ隊の切り札は、ヨーンの駆るガンダム[グリンブルスティ]。しかしネオジオン残党も、戦の要としてサイコミュ搭載機――ハンマ・ハンマを配備していたのです。
デルフォイ隊の戦
ネオジオン残党の作戦的が判明したにも関わらず、地球連邦軍からデルフォイ隊には限られた増援が送られたのみでした。そのためデルフォイ隊は、3隻の艦艇と13機の保有MSのみでの作戦実行を強いられることとなったのです。

地球連邦軍はデルフォイ隊に作戦許可こそ出しましたが、送られてきた増援はわずかでした。その背景には、たとえデルフォイ隊が作戦に失敗しても地球連邦軍には最終迎撃手段があったこと、そして「ガンダム」の活躍を疎む者たちの思惑があったのです。
関連記事⇒【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】「コロニー落とし」を食い止める数少ない対抗手段「ソーラ・システム」とは!?
関連記事⇒【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】デルフォイ隊に対する地球連邦軍の対応、そこには「ガンダム神話」が関係していた!?「ガンダム」が持つ政治的・軍事的な意味を解説
【艦艇】
上記の事情により、デルフォイ隊はデルフォイほかシラクサ、カタニアの3隻の巡洋艦のみで作戦に臨むことに。それぞれの艦艇には、彗星を追撃するための加速用ブースターを装備していました。
戦闘中、艦付近にダメージを負ったカタニアは沈黙してしまいます……。
関連記事⇒【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】戦艦を宇宙に打ち上げる!?驚きがいっぱいの宇宙世紀ブースター特集第2弾!
モビルスーツ
作戦にあたってMS部隊は二分されました。1つはエスタ少尉が搭乗するジムIII・Dが率いる部隊で、バーザムジムIIIを中心に構成されていました。この部隊はシュツルム・ディアスを含む敵との交戦を的としていました。
そしてもう1つがヨーンガンダム[グリンブルスティ]アイリスジムIII・D、2機だけの部隊です。この部隊の的は彗星に取り付ける小パルスエンジンの護衛と、彗星で待ち受けているであろうハンマ・ハンマを退けることでした。
バーザムグリプス戦役期における連邦軍の機。機体色と武装が変更されています。
エスターのジムIII・Dは、シュツルム・ディアスと名勝負を繰り広げます。
JFK旧ザクで参戦し、デルフォイの守備を担いました。
ネオジオン残党の戦
これまでの戦闘MSを失っていたネオジオン残党は、制圧した小惑星基地・ダモクレスジムIII鹵獲したことで戦を回復させました。シュツルム・ディアスハンマ・ハンマといった高性機も有していますが、それでもMSの数ではデルフォイ隊に劣っており、彼らにとっても決して作戦実行は容易ではない状況でした。
【艦艇】
サラミスウェストサハラを旗艦とし、ほかに2隻のムサイ級を戦線に投入していました。ただしムサイ級2隻は自動撃を行うのみで、艦としての運用はほぼできない状態でした。
戦闘開始直後の撃戦で、ムサイ級のうち一隻がエンジンブロックに被弾しています。
モビルスーツ
デルフォイ隊との度重なる戦闘リゲルグやガザCを失っていましたが、シュツルム・ディアスハンマ・ハンマのエース機は健在でした。前者はガザCなどを率いてデルフォイ隊MS部隊と正面から突し、後者彗星に降下してその護衛を担ったのです。
ハンマ・ハンマはわずか1機で彗星を防衛にあたります。
シュツルム・ディアスに乗るアルノーは、自ら先を切りつつ部隊を揮します。
作戦における戦略や戦術などが細かく設定されている点が、『ガンダムシリーズの魅です。次回の電撃ホビーウェブでは「審判メイス阻止作戦の流れを解説していきますので、お見逃しなく!!
関連情報

電撃大王公式サイト

月刊コミック 電撃大王 2018年8月号

機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス1 (電撃コミックスNEXT)

機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス2 (電撃コミックスNEXT)

関連記事

【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】オールレンジ攻撃を可能とした機動兵器を徹底紹介!その技術的な発展を紐解いていく!!

【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】ヨーンの前に立ち塞がるハンマ・ハンマ。ガンダムをも苦しめる特徴的な武装と戦法を解説!!

【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】ついに作戦は最終局面へ!彗星に迫るヨーンたちの前に現れたハンマ・ハンマ、その機能や装備を徹底解説!

【機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス】宇宙世紀のターニングポイントとなった「30バンチ事件」に運命を翻弄された人々とは?

 
『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス』ネオ・ジオン残党と、それを阻止に出たヨーンたちデルフォイ隊。決着の刻を迎えつつある、両勢力の戦力をもう一度振り返る!