見たからしてヤバさ漂うものから、はたまたなど微も感じさせない可憐なものまで。身を守るためにも知っておいて損はない、世界各地に分布している猛植物たち。危険すぎるその破壊をぜひご一読あれ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17491_entry.html

1. ジャイアント・ホグウィード(Heracleum mantegazzianum)

 成長すると6メートルに達するものもある、巨大な有雑草液に性の物質を含み、人間に対して深刻な皮膚炎(泡や傷)やに入った場合は失明を引き起こす。

 その強い危険性と侵略的外来植物であることから、西欧や北では多くの地域で駆除対となっており、栽培はおろか、流通も規制されている。

2. トリカブトAcontium napellus)

 推理小説ドラマ等でおなじみの有植物のひとつ。一見すると可らしいが、蜜や花粉を含むすべての部位に性があり、古代には生に混ぜて退治やローマ皇帝殺に使用されたり、日本でも古事記日本書記に記述が見られるなど、古今東西問わずメジャーである。

 食すると嘔吐や呼吸困難、臓器不全などを引き起こし、致死量に達すると数十秒で死に至る即効性がある。

3. トウゴマ(Ricinus communis

 種子から得られる油はひまし油として広く使われているが、種にはリシンというタンパク質が含まれる。摂取すると炎、嘔吐、出血性下痢腹痛、心拍数増加、低血圧、大量発汗、痙攣を引き起こし、重大事故につながる可性がある。

 ひまし油は方に用いられているが、特に妊娠中や生理中の女性は避けること、そして種子そのものを絶対に口に入れてはならない。

4. ドクゼリ(Cicuta virosa)

 英語では「アン女王レース」という別名もあるくらい上品で情がある。だがトリカブト同様強いがあり、痙攣や呼吸困難、意識障を起こし死に至る場合も。

 イギリスアメリカでは有植物として広く認知されており、日本でも芽吹きの頃にはセリやヨモギなどと外見が似ているため近年でも誤食による中事故、死亡事故が起こっていて注意が必要だ。

5. シロバナヨウシチョウセンアサガオDatura stramonium)

 幻覚や妄想、悪寒など、覚せい剤と似た強い中症状を引き起こす。海外ではエンジェルズ・トランペットデビルズ・スネア悪魔)などとの呼び名も。

 2006年にはカナダ少年4人が覚せい剤の代用品として、故意に摂取した際に救急搬送されたが、非常に攻撃的になり暴れたため身体拘束せざるを得なかった、という報告があった。ハーブと間違えて葉を食したり煎じて飲んだ結果、睡状態に陥った例もある。

6. ギンピ・ギンピ(Dendrocnide moroides)

 楽しい通称とは裏に、そのだ。オーストラリア北東部に生息するイラクサ科の被子植物で、全体を神経を持つ刺毛が覆っており、触れてしまうとしい痛みに何カも苦しめられることになる。

 刺毛を全に取り除くためには強なワックスシートを使用し、なんと(ただし10倍希釈)で消毒せねばならないというから恐ろしい。近づく際には毛が洋や体内に侵入しないよう、防護並みの全防備が必須である。

7. ホワイトベインベリーActaea pachypoda)

 英語ドールズ・アイとも呼ばれ、正にギョロっとした“玉”そっくり。動物も避けて通るというこの実には心臓発作を起こし、死に至ることもあるほど強いがあるため決して口にしてはならない。

8. ウマスズクサ(Aristlochia clematitis)

 昔から解や鎮咳、去痰等の生漢方薬に用いることで知られているが、腎性、発性があるアリストロキが含まれており、事故事例も報告されている。

 アメリカ食品医薬品局(FDA)はウマスズクサを含む品類を口にしないよう注意喚起を行っている。特に根や茎は性が高いため、やはり避けるのが賢明といえよう。

9. マンチニール(Hippomane mancinella)

 カリブ地方やバハマ、メキシコそして中央アメリカに分布。小さな林檎のような果実に見えるが、食べると致命的な性を発揮するためスペイン語圏では「死の木」として知られている。

 全体にを含んでいるが、液が肌につくとしい痛みと疱を伴う皮膚炎になり、焼却した際の煙がに入ると深刻な結膜炎や一時的に盲目状態に陥ってしまうなど重い損傷を受ける。
(文=Maria Rosa.S)

イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より