今やコットはキャンプマスアイテムといっても過言ではありません。はそのままゴロリと寝転ぶと背中に熱がこもらず涼しく眠れますし、反対に肌寒い季節はマットを併用することで地面の冷えを感じずにすみます。しかも、多少デコボコがあるキャンプサイトでも違和感なく眠れますし、万一、エアマットに不具合があってもコットがあれば問題なし。まで快眠間違いなしです。

コット自体は、1990年代オートキャンプブーム時にも注されましたが、当時のコットは重くて、組み立て時にが必要なものが流。有り体に言えば、組み立てづらいものが多かったんですね。また、静止耐荷重が80100kg程度で、子どもが飛び乗るとちょっと不安。

それから20年。「コットって便利だけど、面倒だよなぁ」という印ガラリと変えたのが、ヘリノックスの「コットワン」です。タフなのに軽く、バックパックに余裕で入る。しかも組み立てが簡単。オートキャンプばかりか、徒歩系のハイカーだって持ち運べるようになったんです。

 

とにかく軽くて組み立て簡単!ヘリノックス「コットワン」【アウトドア銘品図鑑】