2017年4月に発足された新レーベル〈SACRA MUSIC〉による関係者向けのコンベンションライブ「SACRA MUSIC NEXT BREAK! 2018」が、7月12日(木)に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催された。

【詳細】他の写真はこちら

SACRA MUSICは、ソニー・ミュージックが日本国内のみならず海外にも活動の場を広げているアーティストを中心に立ち上げた音楽レーベル。藍井エイル、綾野ましろ、=LOVE、EGOIST、ELISA、Kalafina、GARNiDELiA、ClariS、斉藤壮馬、佐香智久、SawanoHiroyuki[nZk]、三月のパンタシア、ツキクラ、TrySail、花澤香菜、春奈るな、PENGUIN RESEARCH、LiSA(五十音順)などが所属しており、いま世界の音楽シーンでも存在感を高めているアニメ音楽の分野に強いレーベルとなっている。

今回のコンベンションライブには、そのSACRA MUSICに所属するアーティストの中から、2018年のブレイクが期待される4組の新人が出演。いずれのアーティストも新人ながら各々の持ち味を活かしたパフォーマンスを披露し、会場に集ったメディア・媒体関係者に向けて自身のアーティスト性とポテンシャルを大いにアピールした。

ライブのトップバッターを務めたのは、この5月にメジャーデビューしたばかりのhalca。2013年にボカロ/アニソン特化型のオーディション「第1回 ウタカツ!オーディション」で準グランプリを獲得し、近年はCHiCO with HoneyWorksのツアーのオープニングアクトでも注目を集める期待の女性シンガーだ。純白の衣装で可憐に登場した彼女は、キーボードを含むフル編成のバンドをバックに3曲を歌唱。1曲目「サカナイトデイズ」では満面の笑みを浮かべながら元気いっぱいに歌い上げ、「私にとってプロローグに位置する曲です」と紹介した2曲目「キミの空」では、うって変わってしっとりとした趣きで切ない恋心を表現する。最後はTVアニメ『ヲタクに恋は難しい』のEDテーマでもあるデビュー曲「キミの隣」を愛らしい振り付けと共に笑顔いっぱいで披露し、爽やかで甘酸っぱい歌声の魅力を届けた。ライブ後のトークなどで見せた初々しさの残る表情も含め、万人に愛されるタイプのシンガーへと成長していきそうだ。

2番手として登場したのは、幹葉(ボーカル)、寺西裕二(ギター)、ますだ(ベース)による関西発の3ピースバンド、スピラ・スピカ。この1月にバンド名をスノーマンから改め、今夏にはメジャー・デビューと、いま勢いに乗っている3人組だ。今回はサポートドラマーを迎えた編成で、1曲目「新しい私になれ」から幹葉はステージ狭しと動き回りながらパワフルな歌声を振りまき、寺西も間奏のギターソロで前方に躍り出るなど、アグレッシブなパフォーマンスで魅せる。幹葉の「出身は徳島なので、阿波弁と関西弁のハイブリッド」だという方言を交えた自由奔放なトークも魅力的で、気さくなノリで客席との距離を縮めつつ、続く「想い描いたら」ではギターと、グロッケン等の可愛らしい音色が絡み合うサウンドに乗せてファンタジーな世界を膨らませる。「これからはメジャーシーンで、さらに高い高い壁を乗り越えていきたい」(幹葉)と語った彼女たちは、最後にメジャー・デビュー曲でもあるTVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』の第2クールEDテーマを披露。もっと広い世界をめざす彼ら自身の思いとアニメの世界観がシンクロした爽快かつ力強いロックサウンドは、新しい扉を開いた彼らの新たな代表曲となることだろう。

続いては、2017年のSACRA MUSIC主催のオーディションでファイナリストに選ばれた経歴を持つ、ReoNaが登場。白いワンピース風の衣装に黒のジャンパーを羽織った彼女は、まずひとりでステージに立ち、激情的な雰囲気を帯びたアップチューン「おやすみの詩」を歌う。少しうつむき気味な姿勢で、客席をねめつけるように見渡しながら、凛としつつもどこか切実さが滲む歌声を広げる彼女には、新人とは思えない風格がある。続いてギターとキーボードのサポートメンバーを迎え入れ、自身もアコースティック・ギターを持ったReoNaは、神崎エルザ starring ReoNa名義で発表したTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』の劇中歌より「ピルグリム」を歌唱。先ほどの激しいムードから一転、陽光のようなライトに照らされて、明るい表情でしっかりと前を向いて歌う彼女の姿は実に晴れやかだ。そして最後に歌われたのは、TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』のEDテーマ「SWEET HURT」。痛々しいほどに甘い愛の気持ちを繊細な歌声で形作り、「じゃあな」(彼女がライブの締めで必ず言う言葉らしい)と暖かく言い放ってステージを去った後も、不思議な余韻が残る素晴らしいライブだった。

そしてこの日のライブのトリを飾ったのは、昨年11月にSACRA MUSICよりデビューしたASCA。まだ若いながらも多彩な活動歴を持つ彼女だが、その歌声はキャリアを重ねるごとにドラマティックな深みを増している。バイオリン奏者を伴ってステージに現れたASCAは、まずTVアニメ『Fate/Apocrypha』の2ndクールEDテーマだった「KOE」でライブをスタート。激しい身振りと共に天を衝くような歌声を響かせ、鮮烈な照明演出も相まって陶酔感のある世界が生み出されていく。2曲目は、中学時代からのファンだという阿部真央のバラード「Don’t leave me」を切々とカバー。歌が進むにつれて手や身体が動き出し、徐々に深く入り込んでいく彼女の姿を見ていると、こちらも歌の中に引き込まれてしまいそうになる。ピアノ一本の伴奏でもしっかりと世界観を作り込める彼女の歌力は本物だ。ラストはふたたびバイオリニストをサポートに迎え、TVアニメ『グランクレスト戦記』後期OPテーマ「凛」を力強く熱唱。ある種の重みをも感じさせるエモーショナルなステージは、多くの観覧者の心に爪跡を残したことだろう。

実力派揃いの新人たちが、四者四様のパフォーマンスを繰り広げた今回のコンベンションライブ。
個々のアーティストの個性や魅力が伝わってきたのはもちろん、会場ではバーチャルYouTuberの輝夜 月(かぐやるな)がSACRA MUSICレーベル所属になることも発表された。2017年12月9日にYouTubeデビューして以来、破壊的かつユーモア溢れるトークと、ナチュラルボーンでチャーミングなキャラクターを武器に、凄まじい勢いで人気を集めている彼女は、2018年8月31日(金)に今回の企画のために仮想空間に開業されるZepp VRにて待望の初ライブを行う。

今回のイベントは、SACRA MUSICというレーベルのカラーや今後のビジョンを示す内容だったようにも思う。ニューカマーたちはもちろん、レーベルの今後の動きにも注目が集まるところだ。

Text By 北野 創(HAJIME KITANO)

●インフォメーション
halca
デビューシングル
TVアニメ『ヲタクに恋は難しい』EDテーマ
「キミの隣」
発売中

LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks first hall tour 2018「smile i round」
オープニングアクトとして、halcaの出演が決定!
【出演公演日】
7月16日(月・祝) 北海道・道新ホール
7月28日(土) 大阪・グランキューブ
8月10日(金) 福岡・国際会議場 メインホール
8月12日(日) 広島・JMSアステールプラザ大ホール
8月16日(木) 神奈川・県民ホール
8月18日(土) 東京・中野サンプラザ
9月 1日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
9月 9日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館

スピラ・スピカ
デビューシングル
TVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』EDテーマ
「スタートダッシュ」
8月8日発売

リリースツアー『スタートダッシュツアー2018』
8月19日(日) 宮城・enn 2nd
8月26日(日) 大阪・梅田Shangri-La
8月31日(金) 愛知・ell SIZE
9月9日(日) 東京・渋谷チェルシーホテル

ReoNa
神崎エルザ starring ReoNa ミニアルバム
『ELZA』
発売中

ReoNaデビューシングル
TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』EDテーマ
「SWEET HURT」
8月29日発売

ASCA
2マンライブイベント
「ASCA presents“Crossing Night」
8月18日(土)渋谷・TAKE OFF 7
(ゲスト:分島花音)
9月2日(日)大阪・club vijon
(ゲスト:未定)

先行チケット受付中
7月16日(月)18:00まで!
・東京公演(8/18)
・大阪公演(9/2)

輝夜 月
輝夜 月 待望の初ライブ決定!

輝夜 月 LIVE@Zepp VR(カグヤルナ ライブアット ゼップヴイアール)
会場:Zepp VR
2018年8月31日(金) 20:00予定~

(C) KAGUYA LUNA , Character Designed by Mika Pikazo

関連リンク
halca公式サイトスピラ・スピカ公式サイトReoNa公式サイトASCA公式サイト輝夜 月official youtube channel
(リスアニ!)
掲載:M-ON! Press