欅坂46平手友梨奈演で人気漫画実写映画化した『-HIBIKI-』の予告編が初開された。同時に、手の挑発的な姿が印的なメインビジュアル開された。

 映画初出演となる手が本作で演じるのは、圧倒的な才を持つ15歳天才女子高生小説家(あくい ひびき)。一見物静かな少女だが自分を曲げることがなく、文壇のなかで、間違った世間のルール常識を壊していく彼女の影によって、周囲の人々にも変化が訪れる。

 予告編では、不良なく折り、文芸部の先輩手打ちをお見舞いし、芥川賞作家に蹴りを入れるの姿が映し出されている。「この天才、ヤバい。」というコピーを体現する主人公役が、“不動のセンター”として欅坂で圧巻のパフォーマンスを見せる手にとって、またとない当たり役であることを予感させる。

また本作には、の才を見出す若手女性編集者井ふみ役で北川景子が入部する文芸部の部長・祖(そぶえ りか)役でアヤカウィルソンが出演。高嶋政伸柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗旬といった実俳優を固める。小栗は劇中、伸び悩む自分に苦しむ小説家山本を演じており、予告では絶望する山本に、が放つ鋭い一言にも注だ。

追加キャスト吉田栄作! 世界的な小説家を演じる (C)2018映画 -HIBIKI-」製作委員会 (C)小学館

 さらに、吉田栄作が、父親世界小説家の祖人(そぶえ あきひと)役で出演。TBS系ドラマアンナチュラル」の悪役で話題を呼んだ北村有起哉も、に蹴りを食らわされながらも彼女の才を認める芥川賞作家鬼島仁(きじま ひとし)役で出演する。

 原作は、2014年より「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載している「小説家になる方法~」。「マンガ大賞2017」の大賞を受賞し、累計発行部数160万部を突破するヒット作を、『君の膵臓をたべたい』の監督と、『劇場版 TIGER & BUNNY』『ガチボーイ』などで知られる脚本家西田征史タッグ実写化に挑む。(編集部・入倉功一)

映画-HIBIKI-』は9月14日より全東宝系で

平手友梨奈が圧倒的カリスマを演じる『響-HIBIKI-』メインビジュアル - (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館