氏の人気漫画を「欅坂46平手友梨奈演で実写映画化する「 HIBIKI」の予告編メインビジュアルが、このほど披露された。映像は常軌を逸した天才(手)が、自身の信念を貫くために不良を折り、文芸部の先輩手打ちを食らわせ、そして芥川賞作家に蹴りを入れるなど、衝撃シーンの数々を収めている。

【動画】「響 HIBIKI」予告編

マンガ大賞2017」の大賞を受賞し、累計発行部数は160万部を突破した「小説家になる方法~」を実写化。共演には北川景子をはじめ小栗旬アヤカウィルソン高嶋政伸柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔板垣瑞生らが名を連ね、メガホン小栗北川が出演し大ヒットを記録した「君の膵臓をたべたい(2017)」の監督がとっている。

物語は、出版不況に苦しむ文芸界が舞台。文学誌「木」編集部に、要項を一切視した新人賞応募作が届く。破棄されるはずだった(手)による「お伽の庭」だが、編集者井ふみ(北川)は、その圧倒的な才覚にを留める。何者にも惑わされず、己の信念を決して曲げないが、やがて様々な人々に計り知れない影を与えていく。

あわせて披露されたメインビジュアルは、うず高く積まれた本を背景に、大股開きで鋭い眼差しを投げかけるの姿を活写した。さらに新キャストも発表され、吉田栄作が文芸部部長(ウィルソン)のであり、世界的な人気を誇る大物小説家・祖人役に。自身と同じを歩もうとするを、優しく見守る父親像を体現した。そして北村有起哉が、新人賞の選考委員を務める芥川賞作家鬼島仁役を担う。に蹴飛ばされながらも、彼女の才を認めていく役どころに挑んだ。

HIBIKI」は、9月14日から全開。

「響 HIBIKI」のメインビジュアル