【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は13日、金融政策と経済情勢に関する報告書で、貿易摩擦の激化が金融市場のリスクになると分析し、先行きに警戒感を示した。政策運営では、米景気の拡大を受け、緩やかな利上げが適切だと改めて指摘した。

 報告は「海外の経済は引き続き堅調」で、米景気を下支えしていると分析。ただ、金融市場に関し「(世界の)政治的な不透明感や貿易摩擦の激化、金利上昇に伴う問題が潜在リスクになる」と警戒姿勢をにじませた。