7月15日(日)放送の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(隔週日曜夜11:30-0:00、千葉テレビ)では、吉川七瀬にMC交代の危機が訪れる。

【写真を見る】いつもは“ウグイス嬢”として番組に参加しているチバテレ・大角茉里アナウンサーが代打MCに

■ 鈴木拓がパートナー交代を要求

「番組も20回目の節目を迎えて、そろそろ僕も吉川のAHOなMCに付き合い切れなくなってきました!」という鈴木が、次回放送のMCの座を懸けた「―マッチング拓ちゃん!」開催を宣言。

本田仁美、清水麻璃亜、小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、そして何も知らされていなかった吉川も加わり、「鈴木拓のことをどれだけ理解しているのか?」を検証する。

メンバーに用意されたステージは3つ。最初は、出された問題の回答を指定された頭文字で始まるように考え、鈴木の答えとの“マッチング”を狙う「マッチング クエスチョン」。

続いて、お題に対しハイテンションで披露したポーズの“マッチング”を狙う「マッチング ハイテンション」。

■ 番組史上最大のミラクルが!

最後が、むちゃ振りされた鈴木のリアクションを当てる「マッチング リアクション」。

この検証の中で、あるメンバーが鈴木に「鳥肌が立った」と言わせるほどのミラクルを起こす。

さらに、エンディングの「48秒のヒーローインタビュー」でも、まさかの人物がお立ち台の上へ。

記念すべき20回目の放送は、波乱続きの内容となる。(ザテレビジョン)

メンバーはギャグのポーズで、鈴木拓との“マッチング”を狙う