7月12日に発表、13日に発売されたホンダの新型N-VAN。ホンダアクセスはN-VANの発売に合わせて、ユーザーの仕事と趣味という2つのシーンの多様なニーズに対応する純正アクセサリーを発売しました。

詳細画像はこちら

クルマとユーザーを快適、便利に繋げる「楔 “Kusabi” 」をコンセプトに掲げた新型N-VAN用純正アクセサリーは、軽バンの持つ商用シーンとしてのワーク(仕事)と趣味シーンのホビー、それぞれのシーンで積載性、機能性、快適性をさらに高めるアイテムを用意。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

さらに、「White Coordinate」と「Black Coordinate」をはじめ、自分らしく自由に印象を変えられるエクステリアカスタマイズアイテムも充実したとしています。

内装から見ていくと、新型N-VANの美点である広大な荷室の利便性を高める装備を用意。大型で長尺物の積載を便利にする「ラゲッジアシストポール」をはじめ、荷室を2段に分けて使うことができ、ラゲッジ用とリヤ用を組み合わせることで車中泊にも対応する「マルチボード(ラゲッジ用/リヤ用)」、車両のバッテリーを使用せずに家電製品を車内で使用できる「外部電源入力キット」などが展開されています。

詳細画像はこちら

そのほか、リヤゲートを開いた時にハンガーなどを掛けられる「テールゲートバー」をはじめ、貴重品などを外から見えにくいシート下に収納できる「シートアンダートレイ」、汚れを気にせず荷室に積み込みができる「ラゲッジトレイ(縁高タイプ)」を設定。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

さらに、長尺物を積載したまま運転席と荷室を仕切ることができる「セパレートカーテン」、シートの傷みやすい部分で摩耗に強い生地を採用し、長く快適に使える「シートカバー プロテクション」など、商用・趣味を問わず使えそうなアイテムが揃っています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

外観では、フロントグリルやホイールキャップをホワイトであしらったポップなイメージの「White Coordinate」、ブラックのフードラッピングやデカールがクールな「Black Coordinate」の2つのコーディネイトを用意。

さらに、車名を大胆にレイアウトした「フードエンブレム」や、カモフラージュ、ウッド、メタル調でさまざまな印象を楽しめる「デカール」、タフさを感じさせる「バンパーコーナーガーニッシュ」などをラインアップすることで、好みのカスタマイズが楽しめます。

詳細画像はこちら

また、Honda純正ナビゲーション「Gathers(ギャザズ)」は、高画質で見やすい「8インチ プレミアム インターナビ(VXM-187VFEi)」の装着が可能となりました。「ハイグレードスピーカーシステム」と合わせることでN-VAN専用音響チューニング「tuned by DIATONE SOUND」が利用できます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

さらに、後方の視界を3つのビューに切り換えられる「リアワイドカメラシステム」のほか、「ドライブレコーダー(駐車時録画機能付)」「リアカメラ de あんしんプラス2」、「ETC2.0車載器」などの豊富なオプションも見逃せません。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【新車】ホンダ・N-VANの多様なニーズに対応 釣り仕様や車中泊向け装備を設定するホンダアクセスの純正アクセサリー(http://clicccar.com/2018/07/14/608459/)