(©ニュースサイトしらべぇ)

13日、テレビ東京で新ドラマラストチャンス 再生請負人』の記者会見が行なわれ、演の仲村トオル、共演の椎名和田正人、大谷町田啓太、勝村政信、水野美紀長谷川京子らが登壇した。

■『ラストチャンス』とは

本作は小説家・江上剛の『ラストチャンス 再生請負人』の実写ドラマ化作品。4月より「働く」をテーマに始まった「ドラマBiz」第2弾の作品である。

仲村演じる元銀行マンの主人公が、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業種の「デリシャスフード」で会社再建に奮闘する作品だ。

■「ジャイアントキリング」な本作

(©ニュースサイトしらべぇ)

本作の見どころについて仲村は…

「(主人公は)背中に十字架を背負っていると言われるような会社のCFO(最高財務責任者)になっていたことに徐々に気づいていく。でも、弱気になるというよりは、ベルギーに向かっていく日本のようにジャイアントキリングするぞという感じ」

と、本作の見どころをアピール

■フレッシュ担当はまさかの人物?

一方、「デリシャスフード」財務部員で、樫村をサポートする佐伯一役を演じる和田は…

佐伯という役はフレッシュ担当でいてほしいと(プロデューサーから)言われています。でも私も今年で40歳。ラストチャンスでのフレッシュ担当は町田啓太ではなく和田正人。フレッシュ和田正人」

と、要出演者の中で最年少の町田に対抗心を燃やす(?)一幕も。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一方、撮影現場でムードメーカーだったらしい勝村は…

「撮影が終わって二ヶ以上たち、薄れていく記憶のなか緊感のある(皆さんの)挨拶でした。病院に行くと『フレッシュ』なんだな。そういうところくらいでしか感じなくなりました」

と、最年長らしい安定感のあるコメントで会場を沸かせた。

ラストチャンス』初回放送は来週月曜日。働く人もそうでない人も、注してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→『陸王』新婚・和田正人が激走! 入浴シーンでは意外な「モザイク役」も

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

テレ東『ラストチャンス』フレッシュ担当争いに勝村政信が思わぬ本音