欅坂46平手友梨奈の初映画 -HIBIKI-」の予告映像およびメインビジュアル開された。

【大きな画像をもっと見る】

-HIBIKI-」は「マンガ大賞2017」で大賞を受賞したマンガ小説家になる方法~」を、昨年大ヒットした映画君の膵臓をたべたい」の監督実写化した作品。手は圧倒的な文才を持つ15歳女子高生小説家を演じる。

このたび開となった予告映像では、不良気で折ったり、文芸部の先輩手打ちをお見舞いしたり、芥川賞作家に蹴りを入れたりと、一見可憐なの“天才だけどヤバい”姿が映し出される。またメインビジュアルは本に囲まれながらが鋭い視線を投げる姿が印的なデザインに。自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール常識をぶち壊していくを熱演する手の姿を、ファンは欠かさずにチェックしよう。

なお、予告編メインビジュアル開にあわせ、吉田栄作と北村有起哉の出演も発表された。吉田は、アヤカウィルソン演じる文芸部の部長・祖世界的に絶大な人気を誇る大物小説家・祖人を、北村が応募した新人賞の選考委員も務める芥川賞作家鬼島仁を演じる。作品にはほかに板垣瑞生(M!LK)や北川景子小栗旬といった俳優が出演する。本作は9月14日開。

(c)2018映画 -HIBIKI-」製作委員会 (c)小学館

「響 -HIBIKI-」メインビジュアル