いよいよ7月14日(土)10時より、波演を務めるドラマサババルウェディング」(毎週土曜10:00-10:54※初回は10:00-11:09、日本テレビ系)がスタートする。

【写真を見る】伊勢谷友介の“独特すぎる”髪型に、プロデューサーも「変ですよね(笑)」

本作は大橋の同名小説ドラマ化したもので、主人公は出版社を寿退社したその日に、婚約者・和也(風間俊介)の浮気拠を発見してしまったさやか(波)。さやかはあろうことか、そのまま婚約を破棄されてしまう。

そして、無職になったさやかを拾ったのは、人気雑誌のカリスマ編集長・宇佐美(伊勢友介)だった。宇佐美は復職の条件として、「半年以内に結婚すること」を提示。そして、その記録を雑誌に連載するよう命じる。“日本一恋愛に詳しい”とする宇佐美の下で、さやか婚活が始まる。

そんな本作の脚本を務めるのは、「のだめカンタービレ」(2006年フジテレビ系)など、恋愛コメディーに定評のある衛藤間広枝プロデューサーは起用の経緯を「以前、衛藤さんとお話しした時に、原作モノで、明るいテイストの作品を書きたいとおっしゃっていたんです。それで今回、『サババルウェディング』の原作を読んでいただいたら、『これは面いね』というお返事で。ご一緒させていただくことになりました」と振り返る。

衛藤さんの脚本の魅は、登場人物たちがいきいきと動き出すようなせりふにあります。原作ももちろん面いのですが、ドラマ化するにあたっては、いかにテンポを良くするかが勝負だと思いまして。衛藤さんには、楽しいノリと、言葉の選び方や言葉の長さなどで強弱を出してほしいとお願いしました」

そうり、衛藤に全幅の信頼を置く間Pだが、“現代ならでは”の苦労もあったそう。

独身女性宇佐美批判する時の、切り口への配慮には苦心しました。丸くすると面くないですが、やり過ぎてしまうと、世代によってはセクハラパワハラと取られかねません。見ている方がどこまでなら不快と感じないかを考えながら、台本を作っていきます。また、ブランド名を出してマーケティング戦略をるせりふについては、根拠資料を集めて裏取りをしています。ブランドを傷付けないように、原作に出てくるせりふでも言葉を足したり、語尾や言い方を変えたりしているのですが、そのあんばいが難しいですね」

視聴者への配慮は、台本の随所にちりばめられている。14日に放送される第1話のシーンでは…

「『セクハラパワハラだって言われても困る』というせりふは、原作にはなかったんですが、書いてもらいました。それから、やるかやらないかの2つを掲示されて、さやかが自分で選んで身を投じていくという形にしたのも、ドラマ化する上での工夫です」

そして、もう一つ。意外なことに、伊勢の“髪型”にも狙いがあるという。

宇佐美さん、変な髪型ですよね(笑)。見たチャーミングなので、言葉の辛辣さも緩和されているかなと。かっこいいと奇の間を攻めているスタイルなんですよ」

そう楽しげに明かす間Pは、撮影したばかりだという宇佐美写真を見せてくれた。

■ 第1話のあらすじは?

2018年3月。出版社で男性週刊誌の編集部に勤務するさやか(波)は、現在29歳。3カ後の30歳の誕生日結婚式を挙げることになり、晴れて寿退社し、幸せに向けて一直線…のはずだった。

しかし、会社を辞めたその人の和也(風間俊介)の浮気が発覚! なんと婚約破棄されてしまう。結婚準備でかさんだ出費で、さやか銭的にも追い込まれる。

恥をしのんで復職のお願いに行った元上に紹介されたのは、今までとはがまったく違う女性向けライフスタイル誌「riz」の編集部。「riz」のカリスマ編集長・宇佐美(伊勢友介)は、さやかに「半年以内に結婚すること」と「の言う通り婚活して体験談を連載にすること」を再就職の条件として突きつける。

キレ者だが毒舌で自称「日本恋愛に一番詳しい」宇佐美さやかに命じたのは、「自分の価値を上げること」。“和也と復縁→結婚”をさやかは、ことあるごとにハイブランドのマーケティング戦略を引き合いに出す宇佐美示で、和也からの連絡をとことんスルーすることにする。(ザテレビジョン

「サバイバル・ウェディング」が7月14日(土)にスタートする