水害で一部不通になっていた久大本線が1年ぶりに全線の運転を再開しました。

列車にカメラの列

JR九州は2018年7月14日(土)、水害で一部不通となっていた久大本線の運転を全線で再開。同線を経由する特急列車も所定の運転ルートに復帰しました。

久大本線は、鹿児島本線の久留米駅(福岡県久留米市)と日豊本線の大分駅を結ぶ、全長141.5kmの鉄道路線です。普通列車のほか、鹿児島本線と日豊本線に乗り入れて博多~由布院、大分、別府間を結ぶ特急「ゆふ」「ゆふいんの森」が運転されています。

しかし、2017年7月に九州北部豪雨が発生。この影響で大分県日田市内の光岡~日田間の2.4kmが橋りょうの流失で不通となり、これまでバスによる代行輸送が行われていました。特急「ゆふ」は日田~別府間のみ運転を再開し、「ゆふいんの森」は鹿児島本線と小倉駅、日豊本線を経由して由布院駅に向かう迂回(うかい)運転で対応してきました。

今回、光岡~日田間の橋りょうが復旧したことで久大本線の不通区間が解消。特急列車も所定の運転ルートに戻りました。久大本線経由の特急で博多発の一番列車となったのは、7時45分発の「ゆふ1号」。出発式は行われませんでしたが、ホームで待つ客の多くが列車にカメラに向けていました。

博多駅での出発式は、由布院行き「ゆふいんの森1号」の発車時刻(9時24分)にあわせて行われる予定です。

所定ルートで全区間の運転を再開した久大本線経由の特急「ゆふ」(2018年7月14日、草町義和撮影)。