52年ぶりの優勝を目指すも準決勝でクロアチアに敗戦

 イングランド代表は現地時間11日、ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でクロアチア代表に延長戦の末、1-2で敗れた。試合後、最後までスタジアムに残っていたギャレス・サウスゲイト監督が見せた妻との抱擁が話題を呼んでいる。

 今大会、出場32カ国で3番目に平均年齢が低い若手世代中心で挑んだイングランドは、決して下馬評が高くなかった。しかし、準々決勝でスウェーデンを破って28年ぶりにベスト4進出。52年ぶりの優勝も期待されたが、準決勝でクロアチアに敗れ、3位決定戦に回ることになった。

 試合後、敗戦にもかかわらず1時間以上にわたってチャントを合唱していたイングランドサポーター1万人の前に、サウスゲイト監督が登場。万雷の拍手に両手を振って応えると、指揮官はその後スタンドに残っていた家族の元へと歩み寄った。その際のワンシーンが国内で話題を呼んでいるようだ。

 英紙「ザ・サン」は、「イングランドの心をへし折った敗戦後、空席となったスタジアムで妻に慰められるサウスゲイト監督の感動的瞬間」と特集。無人のスタンドのなかで妻のアリソンさんと熱い抱擁を交わすサウスゲイト監督にスポットライトを当てている。

「結婚して20年となる妻は、子供たちとともにボスの帰りを根気強く待っていた。遅れて登場した旦那を両腕で出迎えた。サウスゲイトは準決勝に敗れたものの、母国の心は勝ち取った」


ロシアW杯で結果を残して評価は急上昇中

 英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」も、公式インスタグラムで妻と抱擁するサウスゲイト監督の写真を公開。コメント欄には「君は十分に国民のハートを掴んだ」「まるで映画のワンシーンのようだ」「素晴らしい家族」「心温まる物語だ」と賛辞で溢れていた。

 決勝進出こそ逃したものの、若い世代が台頭したイングランドを飛躍させたサウスゲイト監督への評価は急上昇。ロシアの地で力強く勝ち進んできた背景には、指揮官を支える妻の存在が大きかったのかもしれない。


(Football ZONE web編集部)

サウスゲイト監督が見せた妻との抱擁が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】