空港スーツケースを引いて、あるいはバッグを肩にかけて移動するのはなかなかが折れる。ハブ空港のように大きい空港であればなおさらだ。

そこでオランダ航空会社KLMが開発中なのが人工知能を備え、自動走行するスマートカート「Care-E」。乗客の荷物を搭乗ゲートまで運搬するというお助けツールだ。

・搭乗券でフライトを認識

Care-Eは荷物運搬専用のロボット。搭載するカメラに搭乗券をかざすと、利用者のフライトを認識し、その搭乗ゲートまで荷物を運ぶという仕組み。

Care-Eには空港GPSデータベースが内蔵され、またフライト情報にも常にアクセスできるようになっている。つまり、何らかの理由で搭乗ゲートが急きょ変更になってもCare-Eは対処できるわけだ。

・最大積載量は38キロ

開されたビデオを観ると、Care-Eには機内持ち込み可キャリーケースを載せられるだけのスペースがある。最大積載量は38キロという。

シンプルデザインながら、LiDARセンサー超音波などで障物を回避するを持つ。混雑することが多い空港では必須の機だろう。

Care-Eはまだプロトタイプで、このJFK空港サンフランシスコ空港テストを行う計画とのこと。世界展開をぜひとも期待したいところだ。

KLM

空港内を手ぶらで歩ける! KLMの電動カート「Care-E」は荷物自動運搬で乗客をアシスト