7月11日(水)、新宿バルト9(シアター9)で『サンライズフェスティバル 2018 光焔 おんがく!!〜アイカツ!編〜』が開催された。


 出演者はアニメ『アイカツ!』の木村隆一監督、音楽を担当したMONACAの石濱翔氏、 帆足圭吾氏、田中秀和氏、音楽プロデューサーの黒田学氏。司会の呼び込みで登 壇した5人は、オープニングの簡単なトークを終えると、客席の最前列に用意された席へと移動。そこから、アニメ『アイカツ!』の20話・59話を上映しながらの生コメンタリーがスタート。映像の時間軸に沿って使用されている劇伴・挿入歌の曲タイトルと制作スタッフが書かれたリストを手元で参照しつつ、映像内で使用されている楽曲に関する思い 出、制作時の裏話などを語っていった。アニメ『アイカツ!』の劇伴は、MONACAのクリエ イターがチーム制で手がけているのが特色。各スタッフのメロディーや音色選びの特徴を掘り下げる、深いトークが披露された。また、挿入歌に関しても、「子供向け作品だか らといって手加減をしない」といったアニメ『アイカツ!』ならではのこだわりが感じられるやりとりが。


 コメンタリーを終えると、出演者全員がふたたびステージ上に戻り、あらためて『アイカ ツ!』の音楽全体を振り返るトークコーナーへ。実際に使用された音楽制作のスケジュール表など、貴重な内部資料を参照しつつ、トークが広がる。


 客席からの質問を受けた質疑応答のコーナーでは、「田中さんといえばオーギュメント、オーギュメントといえば田中さんですが〜」という書き出しから始まる専門的な質問を受けて、MONACAのみなさんが作編曲時のコード(和音)の使い方に関して、マニアックなトークを展開する、音楽を主題にしたイベントならではの一幕も。フォトセッション、プレゼント抽選会のコーナーを経ての〆の挨拶では、「これからも『アイカツ!』シリーズは続いていきますので、ぜひ応援のほど、よろしくお願いします!(木村)」 「今回、サンライズ音楽出版として初めてこういったイベントを開催させていただきましたが、アニメーションの音楽に特化したイベントを今後もやっていきたいと思います(黒田)」 「『アイカツ!』によって生まれた出会いはSHINING LINE*だなと(石濱)」 「まさか(放映開始から)5年後も愛されるシリーズになるとは。本当にありがたいです(帆足)」 「またこういう機会があったらうれしいなと思います。すごく楽しかったです(田中)」 ……という、次回開催への期待が高まるコメントが飛び出し、それを受けての客席からの大きな拍手に包まれて、イベントは終了した。



 なお、本イベントの開催にさきがけ、『アイカツ!』関連楽曲が各社の音楽ダウンロー ド配信・サブスクリプションサービスで開始された。また、アニメ『アイカツ!』の 1stED テーマ『カレンダーガール』のアナログ盤・ピクチャーレコードの制作が決定している。『アイカツ!』のアナログ盤・ピクチャーレコードが制作されるのは、これが史上初。より詳細な情報は9月8日(土)・9日(日)開催の「アイカツ!シリーズ 5th フェスティバ ル!!」で発表予定。

〈ダウンロード・サブスクリプションサービス配信 概要〉
7月11日(水)より、各社の音楽ダウンロード配信・サブスクリプションサービスで、『アイカツ!』の主題歌・挿入歌・背景楽曲の配信を開始している。
【対象楽曲】
①STAR☆ANIS と AIKATSU☆STARS!が歌う全ての主題歌・挿入歌(初出 CD 収録バージョン): 全78曲
②放送1年目から4年目までのテレビシリーズと劇場版の背景楽曲:全183曲

【配信先(50音順)】
< ダウンロード >
iTunes Amazon
デジタルミュージックストア
Google Play Music
ドワンゴジェイピー
music.jp
mora
レコチョク
を含む各社サービス

< サブスクリプション >
Apple Music
ANiUTa Amazon Music Unlimited
AWA
うたパス
Google Play Music
KK BOX
Spotify
d ヒッツ
LINE MUSIC
レコチョク
best
を含む各社サービス

©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO ©2014 BNP/BANDAI, AIKATSU THE MOVIE ©2016 BNP/BANDAI, AIKATSU STARS THE MOVIE